「WordPressを始めてみたいけど、おすすめのテーマ、テンプレートがわからない」

「WordPressオススメテーマ50選など見てもイマイチどれを選べばいいかわからない」

「ブログ初心者でも問題なく扱えるテーマが知りたい」

このような悩みを持っていませんか?

 

WordPressのテーマは公式的に出回っているものだけでもおよそ3,000以上あり、その中にはブログ初心者にかなり使いづらいテーマや検索順位でなかなか上に表示されないようなテーマも少なくありません。実際多くの方が何も知らず、外れのテーマを買ってしまい、「お金」と「時間」の両方を無駄にしてしまっています。

 

この記事ではWordPressで絶対に失敗したくない方に向けて、

①SEOに強く

②デザインがしっかりしていて

③誰でも簡単に使える

アメリカの大学でSEOを勉強した経験を踏まえてテンプレートを紹介しています。

有料テーマと無料テーマどっちにするべき?

Wordpress 無料 有料

WordPressには無料テーマと有料テーマがあります。結論から言うと、ブログで稼ぎたい人は有料のテーマを購入することをおすすめします。無料テーマはどうしても使いづらかったり、検索順位で上位に表示されなかったり、デザインが良くなかったり、エンジニアでなければこれらの問題を解決することは厳しいのが現状です。

 

使いやすさに圧倒的な差が・・・

無料テーマと有料テーマの大きな違いの一つは、ズバリ「使いやすさ」です。

無料テーマはどうしても機能面での制約が多いため初心者にはかなり使いづらく、ブログを始める前に挫折してしまうかもしれません。また無料テーマは簡素なものが多く、自分の好きなようにデザインするにはHTML/CSSの知識が必要になります。一方、有料テーマはHTML/CSSの知識が全くいらずにブログを好きなようにカスタマイズできる機能がすでに備わっています。プレゼンテーションを作るような感覚でブログ作成を行うことができます。

 

検索順位にも差が出てしまうかも・・?

また検索順位にも差が出る場合があります。無料テーマは見た目は良くてもGoogleにとっては読み取りづらい構造をしている可能性が大いにあります。自分の書いたブログが誰にも読まれないなんて嫌ですよね?ブログが読まれるためには検索結果で上に表示されなければいけません。検索順位を決めるのはGoogleやYahooのような検索エンジンなわけですから、検索エンジンから高い評価を受けるようなウェブサイトを構築しなければいけません。

 

これはある無料テーマのファイルです。

無料テーマ

Googleはこのファイルを元に検索順位を決めています。このようなソースコードは綺麗とは言えないのが現状です。かなりごちゃごちゃしてますよね。いくら見た目が良くても裏側がこのようになっていてはGoogleやYahooから適切な評価を受けません。

 

一方こちらは有料テーマのファイルです。

有料テーマ

お分りいただけますか?有料テーマの方が圧倒的にGoogleに読み取りやすそうというのが初心者でもわかりますよね。検索順位で上位表示を狙いたいのであれば、有料テーマの購入を検討が必要になってきます。

 

デザインにもかなりの違いが・・・

これはWordPressの無料のテンプレートのデザインです(Simplicityというテーマ)。無料テーマのデザインは一般的にかなりシンプルに見える傾向にあります。テーマを購入してからこのデザインにカスタマイズするにも時間を要するのが現状で、これ以上のデザインが欲しいとなるとプログラミングのファイルをいじる必要があります。

 

無料テーマ デザイン

 

一方これは有料テーマのデザインです(Diverというテーマのデザイン)。デザインがかなりしっかりしているにも関わらず、一切の複雑な作業を伴いません。プログラミングの知識が全くなくても簡単に自分の好きなようにカスタマイズすることができます。

有料テーマ デザイン

 

たった1万円が大きな差を生む

上で説明したように、有料テーマのたった1万円が大きな差を生みます。WordPressのテンプレートは一度買えばそれで終わりなので、継続的に支払う必要がありません。1万円をケチったが故に、時間をかけて誰にも見られないブログを作成してしまうことになりかねません。「使いやすさ」「デザイン」「SEO」の3点を踏まえておすすめな有料テーマを一つずつ解説していきます。

ブログで高収益を狙いたい人向けWordPressテーマ

私のSEOの観点から2019年現在で最もSEOに強いWordPressテーマTOP4を選びました。ブログを検索上位に表示させ、本気で高収益を狙いたい人向けのWordPressテーマです。

 

1 THE THOR

Wordpressテーマ ザ・トール

ブログで高収入を達成したい方にはこのテーマが圧倒的にオススメです。圧倒的にSEOに強く上位表示されやすい国内最高峰のSEO最適化テーマであるザ・トールは、デザイン性、機能性ともに優れており、アフィリエイターに特にオススメのテーマになります。ザ・トールはGoogleが読み取りやすい構造をしていることに加え、サイトの表示速度をかなり早くする努力がいたるところに施されているため、SEOにかなり特化して作られています。去年の終わりに発売されたにも関わらずすでに3万サイトに導入されている今話題のワードプレステーマです。

 

ザ・トールは個人でブログを始めて本気で高収入を実現したい方に最もおすすめのテーマです。WordPressのテーマをどれ買ったらいいかわからない方はとりあえずこのテーマを買っておけばまず間違いないです。

WordPressテーマ THE THORの公式サイトはこちら

 

【THE THORの5段階評価】

SEO:★★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

 

2 Diver

WordPressテーマ Diver

Diverはすでに世に出回っている100以上のテーマを研究し、イイトコ取りしたワードプレステーマです。アフィリエイトに最適化されたWordpressテーマで、SEO対策、サイト回遊率、離脱率、アフィ収益などブロガーやアフィリエイターが悩む問題が全て解決するハイスペック機能が備わっています。

自由度の高いカスタマイズ性(LPページやCTAも簡単に作成できる点)が特徴的です。それに加えてランキング作成機能や口コミ、吹き出し機能も充実しているので、上級者だけでなくブログ初心者にもオススメです。【ブログデザイン】も簡単。複雑なCSSやphp、プラグインをほぼ触らなくてもサイト設計が可能です。さらに【永年無料サポート特権】も付いてきます。

 

Diverは初心者で高収入を稼ぎたい方、また高いデザイン性が欲しい方にピッタリのテーマです。(僕のコンサル生はこのテーマで月数十万PVを達成しました。)

WordPressのテーマ Diverの公式サイトはこちら

 

【Diverの5段階評価】

SEO:★★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

 

3 賢威

Wordpressテーマ 賢威

賢威もザ・トールと同様にSEOに特化したテーマです。賢威のSEOはかなり作りこまれているのでSEO対策に時間を取られずにコンテンツ製作に集中することができます。SEOテンプレート【賢威】には、数々の企業のSEOコンサルを行い、多くのサイトで様々なビックワードで1位を獲得したノウハウが惜しみなく注がれています。

賢威はアフィリエイトや企業向けのオススメのテンプレートです。ただ先ほど紹介した2つのテーマに比べるとデザイン性が落ちるので、おしゃれなサイトを作りたい方にはあまりオススメしません。デザインは微妙でもSEO対策はしっかりされているのでブログで収益を上げたい方にはオススメのテンプレートです。

WordPressテーマ 賢威の公式サイトはこちら

 

【賢威の5段階評価】

SEO:★★★★★

デザイン:★★★☆☆

使いやすさ:★★★★☆

 

4 DIVI

現在私はDIVIというテーマを使っています。DIVIの良いところはCSS(プログラミング)を使わずしてドラッグ&ドロップで簡単にサイトが作れることです。しかもデザイン性が高くSEOにも強いというわりと最強のテーマになります。

デザインテンプレート(子テーマ)がかなり充実しているので基本的にページはそのテンプレのどれかを編集する形になります。したがって初心者でも十分に使えこなせるテーマです。欠点は日本語に対応してないところです。アメリカで最近作られたテーマということもあり、まだ英語のみの対応となっています。泣

 

Diviは検索結果上位を狙いたい人で英語に自信のある方におすすめのテーマです。

WordPressテーマ Diviの公式サイトはこちら

 

【Diviの5段階評価】

SEO:★★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

ブログ完全初心者で自信のない方におすすめのWordPressテーマ

WordPressでブログ運営するのに全く自信がなく、皆と似たようなデザインのサイトになってもいいよという方は以下のテーマを検討しましょう。

 

1 STORK

Wordpress テーマ stork

OPENCAGEが開発したWordPressテーマのSTORKです。このテンプレートはインストールした時点でそれなりのデザインが出来上がっているのが一番の利点です。特に初心者の場合は、WordPressの設定やアドセンスの配置などで、頭はいっぱいになりがちですぐ混乱してしまいます。FacebookやTwitterなどへのリンクを貼り方すらわからない方がほとんどです。でもSTORKであれば、 面倒な設定せずすぐにブログ書くことに集中できます。

 

StorkはWordPress完全初心者でブログ運営に全く自信がない人におすすめのテーマです。次に紹介しているテーマ「スワロー」と比較してデザインの好きな方を選んで大丈夫です。

WordPressテーマ STORKの公式サイトはこちら

 

【STORKの5段階評価】

SEO:★★★★☆

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

 

2 SWALLOW

Wordpressテーマ SWALLOW

Swallowは先ほどのStorkと同じ会社が提供するWordPressテーマです。ワードプレスのテーマに特化したサイトで、2018年おすすめ1位になりました。大きなポイントとしてはインストールしたらすぐにデモサイトと同じ表示のサイトになり、文章を書くだけでOKな状態になります。コードの知識が不要なためWordPress完全初心者に優しい環境にあります。

また「スマホファースト」と謳っているだけあり、レスポンシブに完全に対応しているためスマホでの表示が速く、検索結果で上位に表示されやすいです。9,800円と、他のテーマに比べて安価な価格設定ですが、吹き出しや補足説明、注意説明など、便利な機能はスワローのショートコードをコピーするだけで使えますし、画像を沢山入れ込んでも表示が速いのが何よりも嬉しい点です。

 

SwallowはWordPress完全初心者でブログ運営に全く自信のない素人向けのテーマです。上で紹介したStorkと同じ会社が開発していることもあり、基本的な機能は同じなのでデザインを比較して好みの方を買いましょう。

WordPressテーマ SWALLOWの公式サイトはこちら

 

【SWALLOWの5段階評価】

SEO:★★★★☆

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★★

 

3 Sango

Wordpressテーマ sango

Sangoの良い点はとにかくマテリアルデザインが美しいところです。webデザインの知識がない初心者でもこの記事を読めば綺麗な記事を作成することができます。 また、一度購入してしまえばテーマを使い回すことが可能なので複数のブログ運営を考えている方にはもってこいです。

ちなみに、マサオカブログというSANGOに特化したブログが存在するので少し覗いてみることをオススメします。 悪い点は、特にないですが、強いて言うならデザインが他の人と被りやすいことです。Sangoについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事でメリット・デメリットを確認してみてください。

 

Sangoはブログ初心者でマテリアルデザインが好みの方におすすめのテンプレートです。

WordPressのテーマ Sangoの公式サイトはこちら

 

【Sangoの5段階評価】

SEO:★★★★☆

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★☆

 

4 JIN

WordPressテーマ Jin

JINのすばらしいところは初心者でHTMLやCSSがまったく駄目でも色々な機能を使える点です。ボックスデザインが21種類も最初から付いてくるので箇条書きなどを囲んだりするのにもボタン1つであっという間に囲むことが出来ます。デザインのスタイルも8種類から選べるので、デザインを換えてみたいと思ったときはスタイルを変えるだけでもサイトが違った感じになるので飽きもありません。

マニュアルもかなり丁寧にあるので一番最初から順番にやっていくだけでもそれなりのカスタマイズが出来ますし、悩んだ時は見に行けばOKです。新しいテーマなので不具合もありますが 今後のアップデートでさらにデザインの追加や表示速度改善がなされる予定です。

 

JINはブログの記事を自分の好きなようにカスタマイズしたい方におすすめのテーマです。

WordPressテーマ JINの公式サイトはこちら

 

【JINの5段階評価】

SEO:★★★★★

デザイン:★★★★☆

使いやすさ:★★★★★

エンジニアにおすすめのWordPressテーマ

自分である程度HTMLやCSSをいじることができるようなエンジニア向けのテーマを紹介します。

 

Genesis Framework

Genesis Framework

Genesis Frameworkは世界中で最も使われているWordPressのテンプレートです。Genesis Frameworkは、豊富なテンプレートを持っていて、自分の目的に応じて購入することができます。デザインを整えようとするとCSSの知識が必要になってくるので初心者には少し厳しいかもしれません。

またこのGenesis FrameworkはSEOに強いウェブサイト構造を持っています。元Googleで検索エンジン最適化のチームリーダーだったMatt Cuttsも実はこのGenesis Frameworkでブログを作成しています。また世界のトップアフィリエイターの多くもこのGenesis FrameworkをWordPressテーマとして選んでいます。点は、日本語で情報があまり検索できないところと、少しコードの知識が必要になることです。僕も昔Genesis Frameworkを使っていましたがやはりエンジニア以外にはかなり難しいテーマだと感じました。

 

Genesis Frameworkは英語ができてかつHTMLやCSSの扱いに抵抗がない方におすすめです。

WordPressテーマ Genesis Frameworkの公式サイトはこちら

 

【Genesis Frameworkの5段階評価】

SEO:★★★★★

デザイン:★★★★☆

使いやすさ:★★☆☆☆

WordPress無料テーマ

WordPressのテーマの中にも無料でも有料に劣らないようなデザインや機能を持っている無料テーマがいくつか存在します。ブログやサイト運営にお金をかけたくない。ブログはただの趣味で収益化を図っていないようなユーザーさんにはオススメです。

ただどうしても無料テーマはSEO対策やデザインが有料に比べて劣っているので、初心者でその関門をクリアするとなるとほぼ不可能です。サイト構築に時間がかなりかかり、有料テーマを買った方が早く投資した金額を取り戻せることが少なくありません。

無料テーマの中でもオススメのテーマを紹介します。

 

1 Cocoon

Wordpressテーマ Cocoon

「とりあえずブログを始めたけどどのテーマを使えばいいかわからない」「有料テーマに手が出ない」そんな人はCocoonを試して損はありません。Cocoonなら装飾が簡単にできるので、吹き出し、文字囲い、マーカーのような機能を活用すれば、ブログ記事をおしゃれで可愛くすることができます。

またスマホにもきちんと対応しています。実際にスマホで見るとわかりますが、Cocoonはスマホ対応に作られているので、スマホからのアクセスも問題なく処理できます。ただ無料テーマなのでデザインがあまりおしゃれではないことと検索順位で上位表示されにくいという欠点があります。

 

Cocconはデザインは気にならず、無料でただブログを持ってみたいという方におすすめです。

WordPressテーマ Cocoonの公式サイトはこちら

 

【Cocoonの5段階評価】

SEO:★★☆☆☆

デザイン:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★★☆

 

2 Simplicity

Wordpress simplicity

Simplicityは無料テーマですが、カスタマイズしやすく、簡単にレイアウトを変更することができます。モバイル化も対応していて、何もせずともスマホ画面に適したレイアウトを表示してくれますブログを始める初心者にオススメなテーマです。

しかし、名前の通り簡素なレイアウトになりがちなので、自分でコードを編集しないと質素なサイトになってしまいます。無料なのでわがままは言えませんが、モバイル化・SEO対策・レイアウトなどはすべて最低限のことは出来ますが、より良くするにはコードを編集しなければなりません。

 

SimplicityはSEO対策などはどうでもよく、お金をかけずにブログをただ運営してみたい方におすすめです。

WordPressテーマ Simplicityの公式サイトはこちら

 

【Simplicityの5段階評価】

SEO:★★☆☆☆

デザイン:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

まとめ

以上、各WordPressのテーマについてまとめました。WordPressのテンプレート購入は安い買い物ではありません。しかし、無料テーマを使うと機能が制限されたりSEOにあまり強くなかったりと初心者にとってはかなり辛い部分もあります。もし、ブログでの収益を望むのではあれば、有料テーマを購入するのは悪い選択ではありません。ブログに先行投資して高収益を達成しましょう!

 

この記事を読んでもまだテーマを迷っている方

最近皆さんから頻繁にどのテーマを買えばよいか決められないからアドバイスが欲しいという連絡がよく来ます。ブログ初心者でWordPressについてもよくわかってなくて、どのテーマを買えばいいかわからないという方は以下のお問い合わせフォームから気軽にご連絡ください。皆さん個人の状況に合ったテーマを私がアドバイスをさせていただきます。

お問い合わせフォームはこちら