wordpress おすすめ プラグイン

 

どのWordPressプラグインをインストールしたらいいか悩んでいませんか?

 

プラグインの入れすぎはサイトの不具合を招く可能性や、サイトスピードを遅くする可能性もあります。従って適切なプラグインを適切な数だけ入れることは WordPress にとっては必要不可欠な要素になります。

この記事では、2019年のワードプレスのサイトにおすすめのプラグインを紹介します。

 

 

プラグインの集計結果

Wordpress プラグイン 統計

今回はTwitter にてブロガー10名の方に協力していただきました。皆さんにはそれぞれ三つおすすめのプラグインを教えていただきました。驚いたことにお勧めするプラグインは見事に好みによって分かれました。

僕はある程度偏るかなと思ってたんですけど、面白いデータが取れました。見事に票が割れたのです。それでは彼らの一番好きなプラグインについてコメントを頂いたので僕のオススメからスタートして一つ一つ紹介していきたいと思います。

Wptouch

wptouch

Wptouch:サイトをスマホ対応にしてくれるプラグイン

 

Wptouchについてのみんなの声

僕のおすすめのプラグインはWptouchです。僕がこのプラグインをおすすめした理由はやはり近年Google がモバイル化されたWeb サイトより高く評価する傾向にあるからです。このプラグインは一切のコーディングを必要なしに、サイトのモバイル化を可能にしてくれます。

 

 

All in One SEO

all in one seo

All in One SEO pack:SEOの基本設定を行うことができるプラグイン

 

All in One SEOについてのみんなの声

Smile Abroaを運営されているゆうた@米国株ブロガーさんです。

メタディスクリプションやタイトルタグを設定することができるようになるので、 SEOにとってもかなりいい役割を果たします。またxmlサイトマップを設定することができるのでサイトマップのプラグインを入れる必要がありません。

 

All in One SEOのインストールはこちら

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer:画像圧縮を行うことができるプラグイン

 

Image Optimizerについてのみんなの声

ルゥクのブログを運営されているルゥク ✨101記事目から覚醒さんです。

画像を最適化して、画像内の余分なデータも削除することで、画像ファイルの容量を軽量化してくれます。そして一度設定してしまえば、あとは画像ファイルを自動圧縮してくれるところがオススメ。さらに、過去画像も簡単に圧縮してくれる「一括最適化」機能があり、これもとても便利です。

 

ハニ太郎のもくもく勉強部屋を運営されているハニ太郎 🐹NY留学中ブロガーさんです。

サイトスピードはGoogleの検索順位に大きく影響を与えます。従って、できるだけWordPressを高速化ために、 画像の圧縮は必要不可欠な要素です。このプラグインはインストールするだけで自動的に画像を最適化してくれるので初心者にも優しいプラグインになっています。

 

かしわんちを運営されているかっしー 🌴かしわんち。さんです。

サイトの表示速度に影響を与える要因の一つが画像のファイルサイズです。 そこで今回オススメするのが「EWWW Image Optimizer」という自動で画像最適化してくれるプラグインになります。 既にアップロード済の画像もまとめて圧縮できるため、サイトスピードを気にされる方であれば非常にオススメです。

 

EWWW Image Optimizerのインストールはこちら

Really Simple SSL

Really Simple SSL

Really Simple SSL:サイトのSSL化を行うことができるプラグイン

 

Really Simple SSLについてのみんなの声

はらくんメモを運営されているはらくんさんです。

このプラグインは有効化する事で簡単にSSL化を行うことが出来ます。もちろんプラグインに不具合が起きた場合には非SSL化状態になりますので、プラグインを使わずにSSL化するのがベストです。

 

Really Simple SSLのインストールはこちら

Check Copy Contents

Check Copy Contents

Check Copy Contents:サイトの文章がコピーされた時に知らせてくれるプラグイン

 

Check Copy Contentsについてのみんなの声

ワーペアハックを運営されているひまわり / ワーペアハックさんです。

ブログの本文がコピーされたとき、メールで教えてくれるプラグインです。 2つの使い方があり、単語でコピーされた場合と全文コピーされた場合では受け取り方が異なります。 単語がコピーされた場合は、誰かが改めて検索している可能性があるので、記事の内容を厚くするヒントになります。コピーされる回数が多い記事は早めにリライトするようにしています。

 

Check Copy Contentsのインストールはこちら

 

 

Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.com

Jetpack:サイトの中の統計情報を表示してくれるプラグイン

 

Jetpackについてのみんなの声

ヒキライターを運営されているヒキライター@パーマン88号さんです。

Googleアナリティクスやサーチコンソールを使わなくても、様々な統計情報を詳細に表示してくれる利便性が魅力。さらにスマートフォンのアプリ「ワードプレス」にも対応しており、ブログの統計情報をスマートフォンから閲覧できるのも利点の一つです。また、統計情報を取得・閲覧する以外にも、サイトの高速化やセキュリティ・保護の機能もついた非常に多機能なプラグインなので、おすすめといえばジェットパックでしょう。

 

Jetpackのインストールはこちら

その他のプラグインまとめ

他のプラグインに関してはフォロワーさんのオススメ(Top2, Top3)を完結に役割をまとめておきます。

 

WordPress Popular Posts

wordpress popular post

WordPress Popular Postsとは、書いたブログの記事を人気ランキング形式で紹介する事が出来るプラグインです。ブログの人気記事を読者に知らせ、回遊率の上昇に繋げられるのでオススメです。

 

WordPress Popular Postsインストールはこちら

 

AkisMet Anti-Spam

AkisMet Anti-Spam

AkisMet Anti-Spamは自動的にスパムコメントを判別してくれるプラグインです。僕もインストールしていて愛用しています 。

 

AkisMet Anti-Spamのインストールはこちら

 

WP Fastest Cache

WP Fastest Cache

個人的にはこのプラグインは割と入れた方がいいと思います。設定は簡単ですし、 このプラグインを入れることによってサイトスピードをかなり早めることができます。僕も愛用しているプラグインです。

 

Wp Fastest Cacheのインストールはこちら

 

Autoptimize

autoptimize

このプラグインは上で述べたものと同様にサイトスピードを早めるプラグインになります。HTMLファイルやCSS ファイルの圧縮を可能にしてくれます。僕もインストールして使っています。

 

Autoptimizeのインストールはこちら

 

Contact Form 7

contact form 7

このプラグインによってサイトの中にお問い合わせフォームを作ることができます。 お問い合わせフォームを設置することによってGoogleからの信用も上がりますし、ユーザーエクスペリエンスも上がります。

 

Contact Form 7のインストールはこちら

 

Speech Bubble

speech bubble

私はアメリカに住んでいるのでこのプラグインの存在を知りませんでした。このプラグインはサイト内の吹き出し会話を可能にしてくれます。日本のサイト特有だとは思うんですが、 読者を呼び込むにはおすすめのプラグインだと私は思います。

 

Speech Bubbleのインストールはこちら

 

Add Quick Tag

Add Quick Tag

上で紹介したSpeech Bubbleのプラグインと併用して使うべきなのはこのAdd Quick Tagです。このプラグインは登録した文章やタグを一瞬で貼り付けてくれるプラグインになります。どれほど便利かは以下の動画をご参照ください。

 

Add Qucik Tagのインストールはこちら

 

BackWPup

backwpup

テーマに不具合が生じたりした時に必要なのがバックアップです。このプラグインは簡単な操作で定期的にバックアップを行ってくれます。WordPressには必要不可欠なプラグインだと私は思っています。

 

BackWPupのインストールはこちら

 

Table of Contents Plus

Table of Content Plus

このプラグインは記事の中に目次の設置を可能にしてくれます。目次を設置することは検索エンジンにとっても重要で、記事の構造をより容易に把握することができるようになります。僕も愛用しています。

 

Table of Contents Plusのインストールこちら

 

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advanced

このプラグインによって、WordPressの編集画面で細かい設定をコーディングなしに行うことができます。 WordPress初心者だけど、記事の装飾を細くしたいという人向けのプラグインです。僕もこのプラグインはインストールしています。

 

TinyMCE Advancedのインストールはこちら

 

Q2W3 Fixed Widget

Q2W3 Fixed Widget

このプラグインはサイドバーの固定を可能にしてくれます。記事の分量が多くなると必然的にページが長くなり、サイドバーが途中からなくなってしまいます。 このプラグインを導入すると、おすすめの記事などをサイドバーに固定することができ PV 稼ぎにも役立ちます。

 

Q2W3 Fixed Widgetのインストールはこちら

 

Simple 301 Redirects

Simple 301 Redirect

このプラグインは URL を変更した時に新しい URL に古い URL をリダイレクトしてくれます。 昔パーマリンクの設定をミスって URL を変えたい場合はこのプラグインを使うことをお勧めします。

 

Simple 301 Redirectsのインストールはこちら

まとめ

今回紹介したプラグインは本当におすすめのツールです。しかしプラグイン同士の相性もあるので、多くのプラグインを同時に入れることはお勧めしません。

 

僕の個人的なおすすめのプラグインを軽くまとめておきます。

・EWWW Image Optimizer

・All in One SEO

・BackWPup

・Table of Contents Plus

・Q2W3 Fixed Widget

 

この5つのプラグインは頻繁に使うので皆さんも入れてて損はないでしょう。

この記事を読んで自分のサイトにあったプラグインを自分で選ぶことをお勧めします。プラグインを入れる前はきちんと不具合が起きないかどうかを調べてインストールするかバックアップをきちんととってインストールしましょう。

WordPressのテーマによってはプラグインが不具合を起こすこともあるので注意が必要です。プラグインをインストールする前に、「テーマ名 + プラグイン名 + 不具合」と検索することをオススメします。