FXと株の歴史

投資を始める際に、株とFXのどちらにしようかいうことで悩んでいる方は多いと思います。

どちらも自分のお金を増やすためにやるものですが、どちらの方が自分に向いているのかということをしっかり理解して取り掛かるほうがいいと思います。そこで今回は、そもそも株って?FXって?というものをしっかり理解しようというテーマで記事を書きました。

 

そのために株とFXの歴史について述べています。投資やトレードの対象としてはこの2つは比較されるべきものであると思いますが、株やFXの歴史は大きく違います。まずは成り立ち、仕組みを理解するためにもどのようにして2つが出来上がったのかを勉強していきましょう。

株の歴史

 

株のはじまりはヨーロッパの会社

世界で初めて株を生み出したのは、1602年に創立された、オランダの東インド会社だと言われています。当時オランダは、スペインから独立宣言したのちアジアの国々に出稼ぎに行っていました。その時に作られたのがオランダの東インド会社です。

東インド会社はアジアに航海に行ってそこで貿易を行い、利益を得るという会社でした。しかし、ヨーロッパからアジアに航海に行くのには非常にお金がかかります。そこで、東インド会社は出資者を募って、自社にいくら出資したかの証明書を発行し、その額に応じて1年間で得た利益を分配する(配当金)という方法をとっていました。その証明書に使われたのが株です。

株の歴史1

株の歴史2

株の歴史3

 

株のメリットは最初は配当金だった

株が出来てすぐの時は、企業が得た利益を分けてもらうということを目的に株を買っていました。今現在でも株では配当金というものが存在します。決められた期日にその会社の株を保有していればその株数に応じた配当がもらえるようになっています。そうやって、出資者からお金を集めることによって会社は事業に挑戦することができます。

しかし、時が経つにつれて、自分が持っている株自体が、もらえる配当金よりも価値が高いのではないかと考える人が出始めます。そうすると、その人はその株を買った時の値段よりも高い値段で他の人に売ってお金を得るようになりました。

株のメリット

 

今の時代は株の価格差で儲けようとする人がほとんど

お分かりいただけましたでしょうか。要は企業が儲けていると、その企業が配当金をいっぱいくれるからその会社の株は高くなる。逆に設けてないと配当金がもらえないから、株の価格が下がる。という構図になっています。なので、株が安い時に買って、高い時に売ろうとする方法が浸透していきました。この価格差で生まれる利益をキャピタルゲインといいます。逆に配当金のように、定期的に入ってくる利益のことをインカムゲインといいます。

現在では、株はインカムゲインよりキャピタルゲインを目当てに始める人が多いと思います。これが株の歴史になります。

FXの歴史

 

FXは為替の価格変動が起こるから成り立つ

FXとは外国為替を売り買いして利益を上げる取引のことです。1ドル100円の時に両替して、1ドル120円になったら再度両替を行えば、20円の利益が出るといった仕組みです。ここで考えてほしいのは、もしずっと1ドルが100円で固定されていた場合、FXというものは存在するでしょうか。ずっと1ドルは100円だ!と決まっているため、売り買いしても利益は0円ですので、そんなことをする人はいませんよね。

 

昔は為替レートは固定されていた

実は戦後の数十年間は、1ドルが360円という風に決められていました。これは戦後に各国で決められたことなのです。ではどうして今のように変動型の為替レートになったのでしょうか。当時から日本は輸出国だったため高度経済成長期で、輸出による利益ががっぽがっぽ出ていました。特に相手はアメリカで、現在のドル円の為替レートは約120円なので、アメリカで物を売った利益を日本円に両替すると今の3倍ほどの利益が出ていたということになります。

FXの歴史

 

FXの歴史2

FXの歴史3

 

アメリカが景気回復を目的に為替レートを変更させた

このままだとアメリカは日本と貿易していたら全然儲からないわけです。当時輸出が盛んだった日本はこの円安時期に儲かっていた半面、アメリカでは自国の物が日本に売れないし、更に安い日本の物がアメリカで出回るので、アメリカ人にすら自国の物が売れないということになっていました。アメリカは怒ります。1ドル360円という為替レートを無理やり下げにかかります。1ドル360円→300円→200円→160円…というように数回の引き下げの後、適正な価格を常に保ち、貿易収支を安定させるために各国は変動制の為替レートにするようになりました。

アメリカ 為替レート

アメリカ 為替レート2

こういった感じで為替レートは固定制から変動制に変えられていきました。

日本の高度経済成長は為替が下げられたから止まったといっても過言ではありません。

 

為替が変動制になり、FX会社ができた

為替が変動制になったことにより、人々はまた新たな商売を考え付きました。「これって株と同じように取引できるんじゃね?」ってことで、まず最初に1990年代半ばにアメリカでFX会社ができました。その時はまだFXは無名で知る人ぞ知る取引として存在していました。その後1998年に日本にもFX会社が誕生しました。これがFXの歴史になります。

 

 

悪徳業者の出現

やはりお金が流通するところには悪い人が多いのだと感じさせられる出来事が起こりました。当時、FXは出始めで、金融庁も法規制が間に合っていませんでした。というよりもどういったことを規制すればよいのか分からなかったのだと思います。

法が整備されていないことをいいことに、スリッページ詐欺が続出しました。スリッページとは、指定した価格通りに注文が約定しないことです。例えば、自分は1ドル100円で買いたいと思っているのに、1ドル101円で約定してしまったりということです。現在は、設定で許容スリッページというものが設定できます。

為替相場は常に動いているので、指定した価格と現状レートにずれが出てしまうことは、起こってしまいますが、そのずれがいくらまでじゃないと約定させないでほしいというものを設定できるように改良されました。この出来事のあと、金融庁は2005年に金融先物取引法が改正されて、FX会社は必ず金融庁に登録をするように義務付けられました。

 

FXの特徴であるレバレッジが規制された

レバレッジとは、自分の持っているお金の何倍もの取引が可能である仕組みです。株と違い為替は流通量が豊富なため、大きな額の取引が結構簡単に成立します。なので、少額しか持っていない顧客に対して何倍もの取引ができるようになっています。

しかし、この仕組みにより、2009年に起こったリーマンショックなどの金融危機の際に国内で株トレーダーも為替トレーダーも破産者が続出してしましました。そこで、金融庁は2010年にはレバレッジ50倍以下、更に2011年には25倍までレバレッジを規制させました。現在では25倍で取引が可能です。なので、口座に入金されている額が4万円だとすると、100万円までを相場で動かすことができます。

 

最後に

株はそもそもインカムゲインを目的としてできて、FXは通貨を売買させて手数料を得るための商売として出来上がりました。どちらをおすすめするかですが、私はFXの方が稼ぐという意味ではチャンスが多いのではないかと思います。その理由はこちらの記事で色んな項目を比較しながら説明しています。また株とFXの違い、メリット、デメリットを説明しています。それを読んでから、自分はどちらに向いているのだろうということを考えてみてください。

ご精読ありがとうございました。