SEO対策は時代と共に変化しています。最近、Googleは人口知能によって検索順位を決めるようになったのでキーワードをただ入れ込むだけでは上位表示は極めて難しくなっています。

Googleのランクブレイン、メタタグ、被リンク、ロングテールキーワード、コンテンツの質などに気をつけると必ずGoogleで検索順位を上げることができます。

この記事ではアメリカの大学で学んだ知識を元に、2019年において具体的にどういうSEO対策をとるべきかについて解説していきます。

 

SEOとは?

SEOとは検索エンジン最適化のことで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいてキーワードを上位表示させる取り組みのことを指します。検索結果で上位表示してもらうためには検索エンジンにウェブサイトを適切に評価してもらう必要があります。Googleはウェブサイトの評価基準が200個以上存在すると公表しました。(SEOに関して詳しくはこちらの記事を参照)

ではここでSEOにどんなメリット、デメリットがあるか解説していきます。

 

SEOのメリット

・広告と違って一切お金がかからない

・適切に対策すれば必ず結果は出る

・上位表示に刺されることによってブランド力が入られる

・初心者でも取り組みやすい

 

SEOのデメリット

・新しく参入する場合はある一定の時間がかかる

・対策を間違えると結果がほとんど出ない

・一人でやるにはかなり時間がかかる

・Googleが具体的な対策を公表していないためデマがかなり流れている

 

ではどのようにサイトを構築すればいいのでしょうか?

GoogleのEAT(3つの評価基準)

Googleは以下の3つを持つウェブサイトに関して高く評価すると公式的に発表しています。

  • Expertise.(専門性)
  • Authority.(権威性)
  • Trustworthiness.(信頼性)

したがって雑記ブログだと特化ブログよりもGoogleによる高い評価が受けづらいということになります。(特化ブログのメリットに関してはこちらのページへ)

 

E-A-Tを評価する基準として以下がさらに推測されている

・記事の著者が明確にされているか(著者が記載されてない場合はマイナス)

・低質なコンテンツがサイトに存在するか

・サイトがHttpsになっているか(Httpは安全面が欠落)

E-A-Tをあげるためにはとにかくそのトピックについて深く書くことが重要です。コンテンツの深さはGoogleの検索順位を決める要素の一つにもなっていますし、現在かなり重要です。

 

 

SEOに必要な無料ツールの紹介

 

Google Search Console

このツールはあのGoogleが提供してくれている道具です。 Googleが皆さんに使ってくださいとわざわざ提供してくれているんです。 このツールを使うとどのようなキーワードでページに来ているかや、クリックが何回されたかなどを知ることができます。SEOには必須のツールということができるでしょう。

Google search console

 

Google Analytics

これも先ほどのように Googleが私たちに提供してくれているツールです。このツールではユーザーの滞在時間や直帰率、ページビューなどを見ることができどのページにどのような問題があるかを容易に把握することができます。したがって、ある程度時間が経った時に使うツールになります。

 

Google Adwords

このツールでキーワードがどれぐらいの検索ボリュームなのか、どれぐらいの競合性があるのかを調べることができます。適切なキーワードを選ぶことは SEOにとって、とても重要なのでGoogle Adwordsにあるグーグルキーワードプランナーを使うことを強くお勧めします。

 

Google Trend

このツールではキーワードのトレンドを知ることができます。キーワードが 年々使われなくなっているのかそれとも多くの人が検索するようになっているのかをグラフで容易に見ることができます。したがって 時代の流れを把握して一足先に記事を書くことができるようになります。

SEOに必要な有料ツール

 

GRC

検索順位チェックツールGRCはウェブサイトの日々の検索順位を調査、記録するSEO対策の基本ツールです。 2004年に配布を開始して以来多くのサイトに利用されており、SEO対策会社でも使われているツールです。お手頃な価格で検索順位を確認することができるので非常にオススメのツールです。

GRC


検索順位チェックツールGRCはこちらのページからダウンロードできます。

SEO にとって最も大事なこと

皆さんも知っているかもしれませんが Googleは毎月アルゴリズムを変えているため、SEO対策がかなり昔と変わってきています。昔は小手先のテクニックがかなり効いていたのですが、 Google が賢くなりすぎた上にそのようなテクニックはもう通用しなくなっています。 現在のSEO において最も重要なことは良質なコンテンツです。

なぜコンテンツが重要なのか?

Googleはユーザーが探している情報を表示することが仕事です。彼らはYahoo!などの他の検索エンジンをユーザーに使って欲しくありません。 ユーザーに対してベストな情報を提供したいわけです。低質な情報をユーザーに提供してしまうとユーザーはもうGoogleを使わなくなるかもしれません。

 

Content is kingと呼ばれる時代

「Content is king」と呼ばれるように情報の質の高さがかなり重要視されるようになってきています。 昔は小手先のテクニックで提出な情報でも検索上位に表示させることが可能でした。しかし現在ではそのようなことは ほとんど起こらなくなっています。(起きたとしても長期間続かない)したがって良いコンテンツを作ることが一番の SEO 対策ということができます。(良質なコンテンツの作り方はこちらの記事へ)

どのようなコンテンツが評価されやすいか

Googleに最も評価されやすいコンテンツは、そのトピックに対してかなり深掘りした内容を書いてあるものです。例えば、SEO 対策についても他のサイトを調べなくても良いというレベルで書かれたようなコンテンツをGoogle はかなり高く評価します。良質なコンテンツについてもっと知りたい方はこちらの記事へ。

 

 

SEO対策で一番はじめにすること

SEO 対策で一番初めにすることはキーワード選定です。 キーワード選定によって SEO の良し悪しが決まると言っても過言でないほどかなり重要な要素になってきます。送信者の方はここでほとんどミスを犯しています。

 

キーワード選定には必ず使う!

キーワードを決めるときは必ずツールを使って決めるようにしてください。初心者の中にはコンテンツを書いてからキーワードを設定する方がいます。これはかなりの致命的なミスで、その理由は検索意図を図れないからです。

そのようなことをしてしまうと、 検索数が全くないキーワードに対してページを作ることになってしまいます。例えば検索数が0のキーワードに対して記事を書いても、費用対効果がかなり薄いですよね? しかし多くの人はこのようなミスを犯しています。

キーワード選定のやり方は?

キーワード選定

キーワード選びはSEOにとってかなり重要です。キーワード選定によってサイトが上手くいくかどうかが決まると言っても過言ではありません。しかしし90%近くの人はキーワード選びに失敗しているという現状があります。私は日本で使われていないキーワードツール(無料)を使ってキーワード選びをしています。キーワードを選ぶ時には気をつけなければならない点が2つあります。たいていの方はその2つの両方を理解していないため失敗しています。

検索順位トップを取るための私が行っているキーワード選びについては以下の記事を参照ください。

2019年キーワード選定のやり方

キーワード選定が学べたところで以下は具体的なSEO対策について解説していきます。

1 ランクブレイン

GoogleはRank Brainという機械学習アルゴリズムを導入しました。機械が勝手に学習していくシステムでGoogleの検索結果にてどのようにユーザーが反応するかを見るようになりました。つまり、検索結果にユーザーが満足すると、検索順位は上がります。

ランクブレイン

RankBrainはSEO対策でTop3で重要

「キーワードが記事に大量に入っているから、記事の検索順位が上がる」というようなシンプルな構造にはなっていません。実際にGoogleはこのRank BrainをSEO対策のTop3要素の一つとして発表しています。(他の2つは”コンテンツ”と”リンク”です。)ではどうやって、Rank Brainに対処していけばいいのでしょうか?以下のインフォグラフィックを参照ください。

 

null

null

RankBrainを攻略するにはキーワードの検索意図を図ることが大事です。このキーワードでユーザーは実際にどのような情報を探しているのかを把握し、コンテンツに含める必要があります。つまり検索意図が図れていないコンテンツを生成しても、 検索上位に表示されなくなってきています。

 

CTRを上げる

検索結果画面でのCTR(クリック率)を上げることは非常に重要です。検索結果でのCTRが高いとGoogleはその検索結果にユーザーが満足しているはずだと思い込みます。逆にCTRが低いとユーザーが検索結果に満足していないことを意味するので、検索結果でそのページの順位を下げます。

CTR

タイトルに以下のテクニックを使うことでCTRを上げることができます。

 

メタディスクリプションも最適化を図る

メタディスクリプションについては以下のテクニックを使いましょう(詳しくはこちらの記事へ)

・経験を入れる

・ロングテールキーワードを入れる

・Google Adwords 広告からフレーズを盗む

 

クリック率がSEOに影響するか実験

CTRが検索順位に関係していることはMozのRand Fishkinの実験によっても示されました。あるキーワードで彼のフォロワーにある記事をクリックさせました。するとたった数時間で検索順位がTop3まで上昇しました。この実験からCTRは検索順位に強く関連していることがわかりました。

 

滞在時間を長くする

CTRを高くした後は滞在時間を長くする必要があります。Rank Brainはユーザーが満足するようなコンテンツを検索結果に表示しようとします。ユーザーエクスペリエンスを見ているということは、滞在時間が短く、直帰率が低いようなコンテンツは必然的に検索順位が下がっていきます。

 

滞在時間を短くしないためには以下を気をつけてください。

・大きい画像を最初に入れない

・目次をつける

・1段落を小さくする

・H2~H6タグを使って見やすくする

・長いイントロを避ける

・スマホ版のレイアウトも考える

・画像や動画を入れる

 

 

2 速いページ表示

遅いスピードはユーザーエクスペリエンスに影響を及ぼす

近年グーグルはページ読み込みスピードの判定をアルゴリズムの中に取り入れました。その結果、ページの読み込みスピードが遅いと検索順位が下がってしまうようになりました。また、ページスピードは検索エンジンだけではなく、ユーザー側にも大きく影響します。

 

ユーザーは待たされることが大嫌い!

ユーザーは数秒間ローディングによって待たされると、ウェブサイトを離れて二度と帰ってくることはありません。統計によると、約40%のユーザーは、3秒以上待たされると、そのウェブサイトへのアクセスを途中で放棄し、そのうちの80%の訪問者はもう戻ってこないと言われています。

 

ツールによってサイトスピードを計測

また、近年モバイル化が進んでおり、デスクトップからだけでなく、モバイルからのアクセスをいかに速くするかも重要な課題になっていてSEO対策には必要不可欠になっています。Page Speed Insightでは、ウェブサイトのスピードを測ることができるので試しにURLを入れて、自分のウェブサイトのスピードを計測してみましょう。

またGTmetrixを使うとサイトのどの部分がスピードパフォーマンスを悪くしているか知ることができます。

 

ページスピードを改善したい場合は、WordPressで以下のプラグインをインストールしましょう。

EWWW Image Optimizer(既存、新しく投稿する画像を圧縮)

WP Fastest Cache(キャッシュ系プラグイン)

WP Fastest Cache

 

画像のサイズにもかなり気をつける

また、画像のサイズにも気をつけましょう。画像の容量が大きすぎると、ページスピードを遅くしてしまい、結果的に検索順位を落としてしまいます。ブログ設立当初は問題ないですが、記事が増えてくるとサイトが重くなっていきます。画像は切り取った上で記事に貼っていきましょう。オススメのサイズは以下の通りです。

・600*540ピクセル(大きめな画像が必要な時)

・300*180ピクセル(小さめな画像が必要な時)

このどちらかにリサイズして画像を投稿しましょう。WordPressを使っている方でサイトスピードを早くしたい方は、こちらの記事を参照ください。

3 シェアされるようなコンテンツ

Rank Brainのところでも述べたようにGoogleは検索順位を決める際にかなりコンテンツを気にしています。そして機械学習によって検索順位が決まっているこの時代、良質なSEOコンテンツなしでは、検索結果の上位に表示されることはほぼ不可能になっています。

 

コンテンツを作成する場合は以下の2点に着目しましょう。

・リンクをもらうことができるか

・SNSでシェアされる可能性はあるか

ソーシャルシェア

 

コンテンツのPRはSEO並みに重要

SNSでのシェアやいいねをGoogleはカウントすることはできません。つまり直接的にはSEOには何の影響も及ぼしません。しかし、SNSでシェアされることによってサイトへの流入を稼ぐことができ、かつ被リンクを受けるチャンスが上がります。

したがって、シェアされるようなコンテンツを作りあげた後のPRもかなり重要になってきます。Twitterや他のSNSを用いて、自分のコンテンツをどうやって拡散していくかもSEOには重要な戦略です。

 

 

4 外部リンク

第三者のサイトへのリンクを貼ることはウェブサイトやページの価値を高めます。検索順位を上げるためには、自分のコンテンツに関係のあるサイトのリンクを貼る必要があります。それは自分のサイトや記事のカテゴリーをロボットに認識させるためです。

自分のコンテンツの不足部分に対して、外部リンクを貼ることは、さらなるユーザー検索の手間を省くことになります。それはユーザーへ価値を提供していると言い換えることができるので、グーグルから高い評価を受ける傾向にあります。

 

外部リンクのあるページは検索上位を取りやすい

統計によると、外部リンクを貼るブログの方が検索順位が高く表示されやすいことが示されています。特にデータや統計がある場合は外部リンクを貼るように心がけてください。2~5個程度外部リンクを貼りましょう。特に医療系のサイトなどは外部リンクを貼ることによって、データの信頼性を示すと効果的です。

5 内部リンク

また多くのユーザーはウェブサイト上に存在する他のページに自分でたどり着くことはできません。そこで内部リンクをうまく貼ることで、ユーザーを適切な記事まで導くことができるので、外部リンクと同様にユーザーへ価値をもたらしているとグーグルに判断されやすくなります。

ユーザーエクスペリエンス

ユーザー、検索エンジン両方にとって有益である、できるだけ新しい情報を含むリンクをコンテンツに貼ることをお勧めします。自分のサイトの中で検索順位を上げたい記事に対して、内部リンクを貼るようにしてください。内部リンクを貼る時はアンカーテキストを用いてください。(アンカーテキストを用いることによって、GoogleにURLのキーワードを知らせることができる。

6 被リンク

また、第三者からリンクをもらうことは、自分のコンテンツに投票が入っていることを意味し、先程と同様にグーグルから高い評価を受ける傾向にあります。特にドメインの強いサイトから被リンクをもらうことで検索順位を一気に上げることができます。

 

リンクの価値はドメインによって異なる

リンクの価値はドメインや記事の関連性によって異なるため、とにかく被リンクをもらえばいいという問題ではありません。そのようなランダムなリンクはSEOに悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。Google Search Consoleを使うと自分が受けている被リンクを確認することができます。

ココナラなどで被リンクが売られていて購入することができますが絶対にやめてください。このような被リンクは、Googleからスパムと勘違いされる可能性が非常に高く、長期的にサイトに悪影響を及ぼします。 適切にリンクをもらわないと、 サイトに良い影響を及ぼしません。

 

被リンクをもらう時には以下のことに気をつけてください。

・自分の記事に関連したサイトからもらう

・できるだけきちんとしたサイトからもらう(企業など)

・リンクの数が多ければ良いというわけではない

・リンクの質が最も重要(.govや.eduからもらうリンクが一番強い)

7 コンテンツの文字数

記事の文字数は少なくとも2000字は維持するように心がけてください。統計によると、記事の文字が多い方が検索結果で上位表示されやすく、シェアされやすいことが示されています。Googleは薄いコンテンツが嫌いで、インデックスから外しても良いと公式的に発言しています。コンテンツの文字数が多いと良質なコンテンツとみなされやすいです。

コンテンツの長さ

このような長いコンテンツに対してもスマホ化をきちんと行うことは忘れないでください。長文でもスマホで見やすいレイアウトを考えることは検索上位に表示されるには必要不可欠です。(ユーザーエクスペリエンス)

8 Hummigbird用のコンテンツ

HummingbirdアップデートによってGoogleはコンテンツのトピックを気にするようになりました。コンテンツのトピックについては関連ワードによって判断しています。したがって、先ほど記述したようにコンテンツの文字数を持つことは、Googleに記事の内容をより理解してもらうことができるので、必要不可欠です。

hummingbird

9 わかりやすいサイト構造

わかりやすいウェブサイト構造を持つことはGoogleのロボット、ユーザーエクスペリエンスの両方にとって有益です。

 

良くないサイト構造

・最下層ページまでが遠い(クリック数が多い)

・様々なテーマで構成されている

 

良いサイト構造

・最下層ページに到達しやすい(できるだけ少ないクリックで)

・情報が探しやすい

良いサイト構造

気をつけなければいけないことはURLの深さです。トップページから全てのページに3クリック以内でいけるようなサイトの構造を作ってください。ホームページから1クリックで行けるページと数回クリックしないと辿り着けないページでは、サイトによるオーソリティー(パワーみたいなもの)の恩恵が変わります。ホームぺージにできるだけ近いぺージは、検索結果で上位に表示されやすいです。

 

 

10 画像の最適化

検索エンジンは、画像を読み取ることができません。したがって、画像の代替用テキストに説明を加えることで、検索エンジンにその画像が何を表しているか示す必要があります。

その場合、検索エンジンは、画像がコンテンツに関連していると認識し、ユーザーに価値を与えていると判断します。画像の代替用テキストに対してキーワードを設定することをオススメします。

WordPress 画像最適化

WordPressユーザーは画像を挿入する際に「代替用テキスト」があるので、そこにキーワードを入れればOKです。

11 リンク切れの除去

リンク切れはウェブサイト全体のパフォーマンスを落とし、検索エンジンから低い評価を受けてしまいます。リンク切れを放置しておくと、検索エンジンから古く放置されたウェブサイトと判断されるので、SEOのランキングに大きく影響します。

直ちにすべてのリンク切れを修正することは不可能かもしれませんが、内部リンクのリンク切れを発見することから始めることをお勧めします。

リンク切れ

以下のウェブサイトを使ってリンク切れのページを探すことができます。

またWordPressを使っている場合は、Broken Link Checkerをインストールすることで、リンク切れを調べることができます。

12 短いURL

統計によると、短いURLの方が長いURLよりも検索順位で上位表示されやすいことが示されました。したがって、URLはできるだけ短く保つようにしてください。パーマリンクを入れる時はキーワードを入れるようにしましょう。

13 モバイル化

近年、モバイルユーザー数がデスクトップユーザー数を超え、グーグル検索の60%がモバイルデバイスから行われているという結果が報告されています。

それに伴って、グーグルは、スマホ対応のサイトを検索結果の上位に表示し、そうでないウェブサイトを検索結果の下位に表示することを決定しました。特に今スマホが急速に普及しているので、この流れは加速するはずです。(WordPressのサイトをモバイル化するにはこちらの記事を参照ください。)

 

モバイル化されてないサイトはSEO上かなりマイナス

モバイル化されていないウェブサイトではユーザーエクスペリエンスが損なわれ、直帰率の上昇や、ページ滞在時間の減少を招きます。Google’s Mobile-Friendly TestではページURLを入れると、モバイルフレンドリーかどうか教えてくれるので、テストしてみることをお勧めします。

14 ヘッダータグの設定

ヘッダータグをコンテンツに設定することで、ユーザーが記事を読みやすくなり、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。ヘッダーがなく文字の大きさがすべて同じ場合、ほとんどのユーザーは文章を読むのをやめてしまい、ページ滞在時間の減少を誘発します。

 

H1タグはまだSEOでは重要な要素

またH1タグは、依然としてGoogleが検索順位を決める重要な要素の一つで、ロングテールキーワードを用いて、検索エンジンに対してページの情報を伝える必要があります。(SEOを上げるH1タグの設定の仕方についてはこちらの記事を参照。)

H2〜H6タグはユーザーにコンテンツをうまくナビゲーションするタグで、これらを使うと検索エンジンに適切な構造を持つページと判断されやすくなります。検索エンジンは、ヘッダータグの中にあるキーワードに注目するので、ヘッダータグの中に、記事に関連するキーワードを入れておくことをお勧めします。

15 SNSでのシェア

先ほども述べましたがSNSでのいいね!の数は、全く検索順位には反映されません。しかしツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアでシェアされると、多くの人の目に止まるので、ウェブサイトへのアクセス数を増やすことができます。

ユーザーがコンテンツを気に入ったにもかかわらず、ウェブサイトでシェアボタンを発見できないケースを考えてみてください。そのようなシェアチャンスを失わないようにするため、シェアボタンをすべてのコンテンツの分かりやすい位置に配置するようにしましょう。(Twitterのフォロワーを増やす方法はこちらをクリック)

自分のSNSアカウントでまずシェアの流れを作ることをおすすめします。一度SNSに投下されるとシェアされる確率は格段に上がります。(サイトに記事を放置しておくより)

16 連絡先の配置

連絡先の設定は、ユーザーに情報の安心感を与えるだけでなく、グーグルに対しても信頼性を示すことができます。近年、グーグルは自身の信頼性を損なわないために、信頼性のないコンテンツへの対応を進めていて、信頼性の薄い情報は検索結果で上位表示されなくなってきています。

 

 

またユーザーが連絡先を見つけられなかった場合は、コンテンツへの信用がなくなり、ウェブサイトへの不信感を抱くようになります。連絡先は見つけやすいページにはっきり書いておきましょう。最低でもコンタクトフォームはサイトに配置してください。Contact Form 7をインストールされることをオススメします。

結論

今回取り上げたSEO対策を行うと、ウェブサイトを検索順位で上位表示を狙うことができるようになります。またコンテンツは命であり、良質なコンテンツがあると、小手先のSEOテクニックに頼らずにすみ、グーグルによって淘汰されることもありません。

また、グーグルは1日に数百のアルゴリズムを少しずつアップデートしています。したがって、常に新しいことに目を張り巡らせておくことはSEOにおいて重要で、またそれがこの業界の面白いところでもあります。

これ以上詳しいSEO対策が知りたい方はこちらの記事をご参照ください。また今回のSEOとは真逆のGoogleを騙すブラックハットSEOに興味がある方はこちらの記事を参照下さい。