seo 効果 勘違い

SEO効果のない勘違いや無駄な対策にうんざりしていませんか?SEOは時代ともに気をつけるべき点が変わっているので、最新のトレンドを知っておくことは重要です。

SEOの最新の情報を知り、対策を行うことで検索順位で上位を狙うことができるようになります。そして検索順位を上げる要素を知ることで100記事書かなくても十分に戦えるブログを構築することが可能になります。

この記事では、アメリカの大学で学んだ知識を元に、SEOにあるよくある勘違いと検索順位を上げる隠された要素について解説しています。

 

 

SEOの勘違い

Googleが正式にアルゴリズムを発表していないがゆえ、SEOにはさまざまな勘違いが広まっています。

seo 勘違い

 

圧倒的記事数が必要

記事数が多く持つことが悪いことだとは誰も言いません。しかし、それが結果に結びつくかは別であり、記事を量産することだけがSEOを上げる要素ではありません。実際、世界で有名なSEOの専門家がたった30記事程度でそのほとんどを検索結果で上位表示することに成功しました。

 

SEOの専門家は質の高い記事を量産

彼は人の役に立つ記事をたくさん生産しました。シェアされる、リンクされる、ソーシャルメディアで取りあげられるような質の高いコンテンツを投稿しました。Googleはそのような記事を見つけて検索順位をかなり上げてくれます。

つまらない、役に立たないような記事を大量生産してもSEOにはほとんど貢献してくれません。Googleのアルゴリズムはどんどん賢くなっていて量より質を重視しています。つまりフォロワーがたくさんいる有名人でもない限り、記事を量産することはあまり意味がなくなっています。

 

 

質より量

上でも述べましたが記事のクオリティーはかなりSEOにおいて重要です。

 

Googleは次のように発言しています。

 

「クオリティーの低い、ユーザーに価値の低いページを生産しないでください」

「そのようなページをインデックスする必要がありませんよね?」

 

つまり要約すると、Googleはクオリティーの高いページで形成されたウェブサイトを好むということです。質の低いコンテンツを量産しても結果に現れるかわからないですし、Googleの人口知能は今後そのようなコンテンツを上位表示することはないでしょう。

 

統計的に文字数の多いコンテンツの方がより検索結果で上位表示されやすい

コンテンツの長さ

統計によると文字数が多いコンテンツの方がより検索順位で上位表示されやすいことが示されています。記事が長すぎると読まれないんではないか?と思う方はいるかもしれません。でも有益な情報ならユーザーは文字数に関係なく読むはずです。

 

毎日記事を投稿する前に、

 

・この記事は本当にシェアされるのか

・他人からリンクされるような記事なのか

 

をじっくり考えることをおすすめします。

 

 

被リンクを多く受けるほど検索順位が上がる

確かに被リンクの数が多いほどSEOを向上させるのは事実です。しかし、それはリンク先のサイトに依存します。ドメインがすでに強いサイト、クオリティーの高い記事からリンクをもらうことはSEOにとってかなり効果的です。

ドメインが弱いサイトからのリンク、質の低いコンテンツからのリンクは検索結果に全くと言っていいほど影響しません。つまり、初心者ブロガーどうしでリンクの付け合いをしてもあまり効果は出ないです。

 

直帰率が高くなると検索順位が下がる

直帰率が低いことは基本的には良いことですが、それによって検索順位が上がることにはなりません。直帰率と検索順位はほとんど関係がありません。

Googleは直帰率の数字についてあまり気にしていません。検索からページに来て、そのページに満足してブラウザを閉じても直帰していることになるので、直帰率の数字だけではサイトのパフォーマンスを図ることはできません。

 

メタタグは効果がない

seo メタタグ

タイトルタグとメタディスクリプションはSEOに直接的に効果がないと聞いたことがあるかもしれません。実際それらを設定しただけではSEOに全く効果を及ぼしません。しかし上手く設定することで、検索結果を大きく上昇させることができます。

後の項目で話しますが、Googleはアルゴリズムのアップデートにより、検索結果でのクリック率が大きく検索順位に影響するようになりました。つまり、クリックされるようなメタタグをを設定していないと検索順位は次第に落ちていきます。

 

タイトルはキーワードを正確に入れるべき

タイトルタグやメタディスクリプションにキーワードを入れる必要があるという情報は必ずでも真ではありません。キーワードは必ずしも必要ありません。もうすでに検索で上に表示されているものは特にです。

最近のGoogleは機械学習によって、ユーザーの検索意図に応じて検索結果を表示させることができるようになりました。つまり、キーワードが変わっても検索意図が考慮されるため、正確にキーワードをメタタグに入れる必要はなくなっています。

それよりも、先程述べたようにいかにユーザーにクリックされるかを考えた方が賢明です。

Mozは検索結果のクリック率が高いと検索順位が上がることを実験で示しました。

 

 

検索順位に関係する隠された要素

seo 隠された 要素 

SEOに関して勘違いしていたことはありましたか?

以下では2019年SEOで気をつけた方がいいことをまとめます。

 

検索結果のクリック率を上げる

検索結果のクリック率は近年、検索結果の順位を変動する要素としてかなり注目されています。

Googleはクリック率が検索ランキングにかなり影響すると発表しています。したがって、タイトルタグとメタディクリプションを適切に設定していると、本来の順位よりも上に表示される可能性が十分に高くなります。

null

null

 

タイトルのクリック率を上げる方法

さてどうやってタイトルのクリック率を上げることができるでしょうか?以下のノウハウを参考にしてみてください。

 

・数字を入れる(”7つの方法”のような言葉)

・経験を入れる(”アメリカの大学で学んだ”のような言葉)

・()や【】を入れる(【SEOガイド】のような使い方)

・感情に触るような形容詞を入れる(”実用的な”のような言葉)

・2018年、実例、仕方、最新、効果的、絶対、簡単などようなパワーワードを入れる

 

サイトスピードを早くする

seo サイトスピード

特にスマホ版でのサイトスピードは検索順位に大きく関わっています。わからないこと、解決したいことがあるからGoogle検索を使いますよね?

ユーザーはできるだけその答えを欲しいと思っています。つまり、Googleはページのスピードが早いサイトにより高い評価を下します。特に最近はスマホユーザーが急増しているので、スマホのスピードを早めることは極めて重要です。

 

モバイル化を行う

Googleはスマホバージョンを通常として扱うことを発表しています。つまりレスポンシブデザインを持つこと、スマホ版でのユーザーエクスペリエンスを上げることは必要不可欠になっていて、それは検索結果に大きな影響を及ぼします。

自分のサイトがモバイル端末に対応しているか、Mobile Friendly Testで確認することをお勧めします。WordPressをスマホ対応にするのはそこまで難しいことではありません。

 

サイト滞在時間を長くする

seo サイト滞在時間

サイトの滞在時間は検索順位に大きく関係しています。

特に検索結果からページに来てサイト滞在時間が短い場合は、Googleはそのページの検索順位を下げます。そのような場合、Googleはページのユーザーエクスペリエンスが低いとみなします。ユーザーが検索結果をクリックし、長い時間そのページに滞在すると、Googleはユーザーがその検索結果に満足していると判断します。

つまりできるだけユーザーをページに長く滞在させる工夫が必要だと言うことです。Google Analyticsを使って実際にユーザーがどれほど自分の記事に滞在しているかを調べてみましょう。

具体的に滞在時間を長くする方法で一番重要なのはイントロダクションを変えることです。

 

イントロダクションを以下の方法で記述しましょう。

【合意】ペルソナに当事者意識を持たせる

【利益】記事を読むとどのようなメリットがあるか?

【記事の内容】どのような記事の内容か

 

イントロダクションはキーワードから必ずスタートしましょう。キーワードが最初の文に含まれていることはSEO的には重要です。

 

他に滞在時間を長くする方法もあるのでシェアします。

・サブタイトルをつけて読みやすくする

・1つの段落に含まれる文章を減らす

・画像や動画を入れて退屈させない

・長いイントロを避ける

・最初に大きい画像を置かない(直帰を避けるため)

 

Youtube動画を入れる

seo youtube

Youtube動画を入れることはSEOにはプラスに働く傾向にあります。Youtubeを入れることでユーザーの滞在時間を長くすることができます。特に記事の前目に持ってくることで滞在時間をより稼ぐことができます(多くのユーザーは最後まで記事を読まないため)

 

Twitterの埋め込み

Twitterの埋め込みは効果があります。ブログで述べているように記事の文字数が多い方が、検索順位は上がりやすい傾向にあります。Twitterの埋め込みは文字数カウントされます。したがって自分で6,000字など書かなくて済むわけです。

先ほども述べたようにGoogleは文字だけではなく画像、動画、インフォグラフィックが入っている記事が大好きですから、Twitterもそのメディアの一部であり、かつ文字稼ぎをすることができます。

 

内部リンクを狙った記事に貼る

seo 内部リンク

検索順位を上げたい記事に対して内部リンクを貼ることで検索順位を上げることができます。内部リンクを貼る時は、同じカテゴリーの記事に対して自然に貼ることをお勧めします。(内部リンクを貼る時は記事のなるべく上側に貼りましょう(SEO的に))

特にこの方法が有効なのは、記事が検索結果画面の2ページ目などで停滞している場合です。ユーザーは基本的に1ページ目しか見ないので、2ページ目以降は同じと思って問題ありません。したがって、2ページ目にいる記事をどうにかして1ページ目に持ってくる必要があり、内部リンクが有効だということです。

1ページ目に来たあとは僕のブログに書いてあるようにクリック率を上げること、滞在時間を長くすることを考えましょう。

 

外部リンクを信頼できるページに対して貼る

外部リンクを貼ると検索順位を上げるのに役に立ちます。特にデータや統計、論文など信頼できるソースに対して外部リンクを貼ることが効果的です。信頼性の高いページに対して外部リンクを貼ることで、Googleはきちんとした情報を提供していると判断することになります。

 

LSIキーワードを入れる

LSIキーワードを記事の中に入れておくことは非常に重要です。LSIキーワードとは端的に言うと、「キーワードの周りにあるキーワード群」のことを指し、Googleから必要とされているキーワードがわかるようになります。

いわゆる検索意図ってやつですね。LSIキーワードを使うことで検索意図を考える必要がなくなります。

 

例えば、「twitter フォロワー 増やす」というキーワードの検索意図は何か見てみましょう。

LSIキーワード 例

このようなLSIキーワードが出てきます。このキーワードを記事に入れればOKということになります。

リライトする際もこのツールを用いてLSIキーワードで不足しているものを入れていきましょう。

 

記事を寄稿する

他人のブログの記事を代わりに書いてあげて自分のブログのURLを入れて被リンクをもらうやり方です。僕もつい最近ロサンゼルスにあるデジタルマーケティングのサイトのブログを1記事執筆しました。

正直記事の寄稿はかなりSEO的に効果が高いです。自分で被リンクの設定もできるし、被リンクをもらいたい記事も選択できるので、かなり効果的であると言えます。

したがってSEOではある程度ネットワークが大切です。Twitterでフォロワーを増やして、信頼できる人を作りましょう。

 

ソーシャルメディアでの拡散

ツイート リツイート

最近ソーシャルシグナルが極めて重要だと言うことがわかりました。したがって、Twitterで自分の記事をバズらせることや、Youtubeに自分のブログのリンクを入れ、ビュー数を稼ぐこと、Instagram, LinkedInで同じようにブログのリンクを置くことが重要になっています。(Youtubeの概要欄からブログにアクセスが来るなど、Twitterのツイートからブログにアクセスがあるなど。)

まとめ

以上、SEOの勘違いと検索結果を上げる隠された要素についてまとめました。メール購読はこちら

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

SEO対策【2019年に上位表示させる方法を解説します】