SEO効果のない勘違いや無駄な対策にうんざりしていませんか?SEOは時代ともに気をつけるべき点が変わっているので、最新のトレンドを知っておくことは重要です。

SEOの最新の情報を知り、対策を行うことで検索順位で上位を狙うことができるようになります。そして検索順位を上げる要素を知ることで100記事書かなくても十分に戦えるブログを構築することが可能になります。

 

この記事では、アメリカの大学で学んだ知識を元に、SEOにあるよくある勘違いと検索順位を上げる隠された要素について解説しています。

SEOの勘違い

圧倒的記事数が必要

記事数が多く持つことが悪いことだとは誰も言いません。しかし、それが結果に結びつくかは別であり、記事を量産することだけがSEOを上げる要素ではありません。実際、世界で有名なSEOの専門家がたった30記事程度でそのほとんどを検索結果で上位表示することに成功しました。

 

SEOの専門家は質の高い記事を量産

彼は人の役に立つ記事をたくさん生産しました。シェアされる、リンクされる、ソーシャルメディアで取りあげられるような記事を投稿しました。Googleはそのような記事を見つけて検索順位をかなり上げてくれます。

つまらない、役に立たないような記事を大量生産してもSEOにはほとんど貢献してくれません。Googleのアルゴリズムはどんどん賢くなっていて量より質を重視しています。つまりフォロワーがたくさんいる有名人でもない限り、記事を量産することはあまり意味がなくなっています。

 

 

質より量

上でも述べましたが記事のクオリティーはかなりSEOにおいて重要です。

Googleは次のように発言しています。

「クオリティーの低い、ユーザーに価値の低いページを生産しないでください」

「そのようなページをインデックスする必要がありませんよね?」

つまり要約すると、Googleはクオリティーの高いページで形成されたウェブサイトを好むということです。質の低いコンテンツを量産しても結果に現れるかわからないですし、Googleの人口知能は今後そのようなコンテンツを上位表示することはないでしょう。

 

統計的に文字数の多いコンテンツの方がより検索結果で上位表示されやすい

統計によると文字数が多いコンテンツの方がより検索順位で上位表示されやすいことが示されています。記事が長すぎると読まれないんではないか?と思う方はいるかもしれません。でも有益な情報ならユーザーは文字数に関係なく読むはずです。

 

毎日記事を投稿する前に、

・この記事は本当にシェアされるのか

・他人からリンクされるような記事なのか

をじっくり考えることをおすすめします。

 

 

被リンクを多く受けるほど検索順位が上がる

確かに被リンクの数が多いほどSEOを向上させるのは事実です。しかし、それはリンク先のサイトに依存します。ドメインがすでに強いサイト、クオリティーの高い記事からリンクをもらうことはSEOにとってかなり効果的です。

ドメインが弱いサイトからのリンク、質の低いコンテンツからのリンクは検索結果に全くと言っていいほど影響しません。つまり、初心者ブロガーどうしでリンクの付け合いをしてもあまり効果は出ないです。

 

直帰率が高くなると検索順位が下がる

直帰率が低いことは基本的には良いことですが、それによって検索順位が上がることにはなりません。直帰率と検索順位はほとんど関係がありません。

Googleは直帰率の数字についてあまり気にしていません。検索からページに来て、そのページに満足してブラウザを閉じても直帰していることになるので、直帰率の数字だけではサイトのパフォーマンスを図ることはできません。

 

メタタグは効果がない

タイトルタグとメタディスクリプションはSEOに直接的に効果がないと聞いたことがあるかもしれません。確かにそれらを設定しただけではSEOに全く効果を及ぼしません。しかし上手く設定することで、検索結果を大きく上昇させることができます。

 

 

後の項目で話しますが、Googleはアルゴリズムのアップデートにより、検索結果でのクリック率が大きく検索順位に影響するようになりました。つまり、クリックされるようなメタタグをを設定していないと検索順位は次第に落ちていきます。

 

タイトルはキーワードを正確に入れるべき

タイトルタグやメタディスクリプションにキーワードを入れる必要があるという情報は必ずでも真ではありません。キーワードは必ずしも必要ありません。

 

Googleは機械学習によって誤差も感知できる

最近のGoogleは機械学習によって、ユーザーの検索意図に応じて検索結果を表示させることができるようになりました。つまり、キーワードが変わっても検索意図が考慮されるため、正確にキーワードをメタタグに入れる必要はなくなっています。

それよりも、先程述べたようにいかにユーザーにクリックされるかを考えた方が賢明です。Mozは検索結果のクリック率が高いと検索順位が上がることを実験で示しました。

検索順位に関係する隠された要素

 

検索結果のクリック率

SEOの勘違いのところで述べましたが検索結果のクリック率は近年、検索結果の順位を変動する要素としてかなり注目されています。Googleはクリック率が検索ランキングにかなり影響すると発表しています。したがって、タイトルタグとメタディクリプションを適切に設定していると、本来の順位よりも上に表示される可能性が十分に高くなります。

null

null

 

タイトルのクリック率を上げる方法

さてどうやってタイトルのクリック率を上げることができるでしょうか?以下のノウハウを参考にしてみてください。

・数字を入れる(”7つの方法”のような言葉)

・経験を入れる(”アメリカの大学で学んだ”のような言葉)

・()や【】を入れる(【SEOガイド】のような使い方)

・感情に触るような形容詞を入れる(”実用的な”のような言葉)

・2018年、実例、仕方、最新、効果的、絶対、簡単などようなパワーワードを入れる

メタタグについてはメタディスクリプションの正しい書き方について参照ください。

 

サイトスピード

サイトスピード特にスマホ版でのサイトスピードは検索順位に大きく関わっています。わからないこと、解決したいことがあるからGoogle検索を使いますよね?

ユーザーはできるだけその答えを欲しいと思っています。つまり、Googleはページのスピードが早いサイトにより高い評価を下します。特に最近はスマホユーザーが急増しているので、スマホのスピードを早めることは極めて重要です。

WordPressを高速化する記事はこちら

 

モバイル化

Googleはスマホバージョンを通常として扱うことを発表しています。つまりレスポンシブデザインを持つこと、スマホ版でのユーザーエクスペリエンスを上げることは必要不可欠になっていて、それは検索結果に大きな影響を及ぼします。

自分のサイトがモバイル端末に対応しているか、Mobile Friendly Testで確認することをお勧めします。もしWordPressを使っているならWptouchをインストールしてみましょう。インストールするだけでクオリティーの高いモバイルバージョンが作れます。

 

他の要素については以下の記事にまとめています。こちらの記事ではクリック率を上げるとか、モバイル化をした方がいいとか当たり前のことではなく、よりテクニックに近い小技について解説しています。アメリカで使われている記事を書く際に必須のツールなども紹介しています。8つのテクニックを解説しています。

2019年SEOで検索順位を楽して上げる方法

まとめ

以上、SEOの勘違いと検索結果を上げる隠された要素についてまとめました。SEOには多くの情報が蔓延していて、それは時代とともに変化しています。皆さんはどのパートが役に立ちましたか?良かったらコメントください 🙂 メール購読はこちら