ロサンゼルス 治安

ロサンゼルス付近の治安は良いとは言えません。

ロサンゼルスにある観光地付近の治安は比較的良いですが、危険な地域も少なくなく絶対に立ち入らないようにする必要があります。特にロサンゼルスで観光予定の日本人は見た目や仕草ですぐに観光客と判断されるため襲われる可能性も少なくありません。

この記事ではロサンゼルスで絶対に避けた方が良い地域の紹介、どうやって治安の悪い地域を判断すれば良いかについて詳しく解説しています。

 

 

ダウンタウンLAで避ける場所

ダウンタウンLA 避ける場所

ロサンゼルスのダウンタウンは安全と言うことはできません。特に夜には絶対一人で歩かないようにしましょう。アメリカでは基本的に夜に人は歩いていないので、襲われても助けを呼ぶことができないかもしれません。昼間でも以下で示す地域は避けるようにしてください。

 

Skid Row

Pico-Union

Westlake

Boyle Heights

 

この4つの地域には大量のホームレスが道端にいるので、日本人の私たちは目を疑うかもしれません。ホームレスは薬物をやっている場合もあり、時には攻撃的になることもあるので関わらないようにしましょう。

つい最近私は上に含まれているSkid Rowを車で通ったのですがかなり身の危険を感じました。レンタカーを借りている場合は絶対にこれらの地域に車は停めないでください。窓ガラスを破壊される可能性が多いにあります。

ハリウッドは夜も比較的安全だが・・

ハリウッド 治安

ハリウッドはロサンゼルスの中では比較的治安が良いです。特にWest Hollywoodは高級エリアに属し治安が良いのでこの地域を訪れる時は何も心配はいりません。ハリウッドは全体的に治安が良いですが以下の地域には注意を払ってください。

 

North Hollywood

 

North Hollywoodは昼は大丈夫ですが、夜は歩くのは避けた方が身のためです。去年僕の友人はNorth Hollywoodで夜中に歩いている時に車に乗った黒人の二人組から銃を突きつけられました。

日本では考えられないかもしれませんが、アメリカは銃が合法なので、銃を持とうと思えば持つことができます。したがって人が歩いていない時に外に出歩くのは必ず避けてください。

LAの西側で避ける場所はどこ?

LA 西 避ける

西側には海岸が多くありますが、ビーチは夜訪れるのは必ず避けてください。特に観光地でも有名なVenice Beachは夜中に麻薬の取引がよく行われています。

昼は楽しい場所ですが、夜は観光客も全くいないので襲われても全く助けてくれません。警察やライフガードは夜は活動していません。また以下の地域に気をつけてください。

 

Culver City

Marina del Rey

 

ギャングが夜によく出歩いている地域は?

ギャング ロサンゼルス

アメリカには夜にギャングが出没する可能性があります。彼らは麻薬に手を出していて銃を所持しているためかなり危険です。ギャングが出没している地域は絶対に夜出歩かないようにしましょう。

このような地域は夜に一般人は出歩いていないので安全ではありません。以下の地域はギャングがよく出没すると有名です。

 

Downtown Los Angeles

East Los Angeles

Culver City

Venice

Inglewood

Compton

Santa Monica

Van Nuys

 

LAの危険地域トップ8は?

ロサンゼルス 危険地域

ロサンゼルスの中で昼夜問わず、一切立ち入らない方が良い地域をシェアします。

 

Fashion District

 

Skid Row

 

Pacoima

 

Downtown LA

 

Wilmington

 

Westlake

 

Watts

 

Boyle Heights

LAを観光する際に気をつけた方がいいこと

ロサンゼルス 観光 気をつけること

LAを観光する時は気を抜いてはいけません。ロサンゼルスは日本より圧倒的に治安が悪いので日本の気分のままいると取り返しのつかないことに発展するかもしれません。以下気をつけるべきことをシェアします。

 

現金を持ち歩かない

現金は持ち歩かないようにしましょう。スリの被害に遭う可能性があるので、ホテルの金庫に現金を入れておくか、クレジットカード払いにするかにしましょう。

アメリカはそもそもカード社会でクレジットカードでほぼ全ての決済ができるため、現金を持ち歩く必要はありません。アメリカ旅行に必要なクレカは以下の記事にまとめているので参照ください。

留学におすすめのクレジットカードとは?

 

家の前に芝生がない

家 芝生

家の前に芝生がある地域は基本的に治安の良い地域です。これはロサンゼルスを観光する際に気をつけるポイントの一つになります。治安の悪い地域には基本的に芝生がなく、整備されていないアスファルトばかりです。

 

夜は絶対に歩かない

この記事で何度も言っているように夜は絶対に出歩かないでください。アメリカは車社会なので夜歩いている人は本当に少ないです。私はLAのハリウッドに住んでいますが、夜は絶対に家から出ません。どうしても家から出なければいけない時は必ず誰かと一緒に出かけるかUberに乗って外出するように心がけてください。

 

鉄格子の場所は避ける

鉄格子 建物

店や建物に鉄格子がされている地域は治安が良くない場合が多いです。鉄格子を見た場合はすぐさまその地域から立ち去る方が賢明です。昼は歩けても夜は本当に危険です。

 

整備されてない道路は避ける

道に凸凹があったり、ゴミが落ちて汚い地域も決まって治安が悪いです。そのような地域にはホームレスが住んでいることが多いのであまり深入りしないようにしましょう。

 

ボロい車を避ける

ボロい車

アメリカは路駐が基本的にOKなので道に停まっている車によってその地域の治安がわかります。例えばBeverly Hillsだと、アウディーやフェラーリ、ランボールギーニのような高級車が道に停めれていますが、

Skid RowやComptonだと「この車大丈夫か?」と思わせるような車が路上に停まっています。ガムテープで窓ガラスの一部を貼っている車や、古くて全く洗車されていない汚い車などが停まっています。

 

夜ビーチは避ける

先ほども言ったように夜のビーチはギャングの集まりになっていて、一般人が全く歩いておらず警察やライフガードがいないのでかなり危険です。

 

ホームレステントを避ける

ホームレステント

危険な地域には必ずホームレステントが道にあるのでなるべく避けるようにしてください。ホームレスは麻薬をしている可能性が高いので攻撃的になる可能性があります。ホームレスは道端で何もしていなかったり、道で酒を飲んでいたりするので、絶対に関わらない方が良いです。

 

警察が頻繁に通っているところ

パトカーが頻繁に通っているところは治安が悪い可能性が高いです。私はハリウッドに住んでいて、ベバリーヒルズで働いていますが、基本的にあまりパトカーを普段の生活で見ません。しかし、リトル東京に行く際にSkid Rowなどの横を通るとパトカーを頻繁に見ます。

 

道で大麻の匂いがする

大麻

カリフォルニア州では大麻は合法ですが、道で大麻を吸ってはいけません。治安の悪い地域では道端で普通に大麻のきつい匂いがします。日本人は大麻の匂いがわからないかもしれませんが、ロサンゼルス付近で何か嗅いだことのない匂いがしたら大麻だと思って大丈夫です。

まとめ

ロサンゼルスには治安の悪い場所が少なくありません。日本人は平和ボケしているのでロサンゼルス観光時には特に気をつけましょう。特に夜は絶対外を一人で歩かないでください。命を落とす可能性があります。それだけロサンゼルスは安全ではないということです。