日本 働く 時間

日本人は働過ぎる!というイメージが世界からみてありますが、イメージではなく実際にそういった現状になっています。なぜ日本人は働く時間、拘束時間が長いのか?働く時間が長くていい給料をもらえるのでしょうか。

残業ばかりが多く、土日出勤しなければならない、もしくは土日の休日は平日の仕事のための休日でせっかくの休日を有効活用せず無駄にしているひとも多いのではないでしょうか。

 

 

ストレスからギャンブルをする人も

ストレス ギャンブル

実際に仕事のストレスからパチンコ中毒になってしまったりするケースも少なくありません。パチンコといえばインターネットが普及された今の時代では、パチンコよりも勝率の高いオンラインカジノも人気を集めています。オンラインカジノでは登録するだけで貰える無料ボーナスが誰でも貰うことができ、パチンコにはない機能が楽しめるのも人気の理由の一つです!

 

全ては自分の責任

オンラインカジノやパチンコなどはストレスを発散する方法としてもいいことだと思います。ですが、もちろんどちらも賭博なので自分の意思をはっきりともってプレイすることが大事です。

ストレス発散方法を自分で見つけることも大事ですがそもそも長時間働きストレスを抱え、挙句の果てに過労死や自殺までしてしまうそんな日本ですが、日本で働くメリット・デメリットはあるのでしょうか。

日本で働くというメリット

日本 働く メリット

現在アメリカで働いているのですが、かつては日本で働いていました。そこで日本で働いてよかった点をまとめます。

 

雇用が安定している

従業員に明らかな違反行為などがない限り、会社側が従業員を解雇することはほとんどありません。

 

通勤手当が支給される

これは正社員だけでなくパートタイム労働者に対しても会社側が負担するところが一般的です。日本は交通費が他の国と比べても電車賃やバス代など少々お高めなので他の国にはあまり支給されない通勤手当があります。

 

健康診断が定期的に行われる

これも海外ではあまりありませんが日本ではどこの会社でも定期的に健康診断を行っているため、何か見つけたときに対処しやすいです。

 

新卒を雇ってもらえる

大学を卒業または高校卒業したばかりの人材は基本的に未経験ですが、日本では入社後数十年をかけて1人前で育て上げる企業風土を持つ企業がほとんどのため、どちらかというと新卒欲しがる傾向があります。

 

日本ならではの終身雇用制度と年功序列

雇用が安定しているのと同じで一旦雇用されると特別な理由がない限り終身雇用が約束されます。海外では勤務年数が短くてもスキルが高ければ出世できる仕組みになっています、日本では年配者を敬うという日本独特の風潮があるので勤務年数が長ければ長いほど賃金があがる年功序列型賃金があります。

 

 

 

日本で働くというデメリット

日本 働く デメリット

日本で働くデメリットをまとめました。

 

企業側の利益が低下

終身雇用により特別なことがない限り解雇されないという安心感から従業員の質が低下するため、企業の生産性は落ち、賃金コストが上昇し企業側が不利になります。

 

日本ならではの終身雇用制度と年功序列

メリットでもあげたようにもちろんこれはデメリットでもあります。企業側の利益の低下に伴い、年功序列せいで仕事ができない上司が増えてくる一方で若年層がいくら努力しても賃金が上昇することがないため仕事への意欲が低下します。

 

男女や年齢による格差

年功序列のせいで年齢による格差が生まれ、男尊女卑のせいで男の立場が強く男性中心の職場と化し、女性の立場が弱くなり女性の活躍を阻んできました。

 

飲み会

職場の仲間との飲み会が重荷になっている人は少なくありません。飲み会に費やすお金や時間を無駄だと思っている人が多いのも事実です。

日本の労働時間は長い?それとも平均?

日本 働く 時間 長い

まず日本の法律である労働基準法において定められている労働時間は1日8時間、週に40時間です。

 

厚生労働省のサイトに記載されているように

・雇用者は、原則として1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない。

・雇用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけない。

・雇用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

 

ですが、実際に労働基準法違反をしている企業もいくつかあるのです。

 

日本より長く働く国は多い

1日8時間なら世界からみても普通で平均的な労働時間ですよね。なので別に労働基準法で定められている労働時間が長いわけではありません。経済協力開発機構加盟国である世界36の国と地域を対象とした年間で最も長い時間働く国として2017年の統計では1位がメキシコ、2位がコスタリカ、3位が韓国になっています。

そんな日本は22位。アメリカが15位。実際にアメリカよりも労働時間が短いですし、ランキングから見るとそんなに悪くないですよね。

ではなぜ日本人は最も働く国としてのイメージが定着しているのでしょうか。

なぜ働過ぎる国として定着しているのか?

日本 働きすぎる 国

法律で定められている労働時間以外に働いてる従業員が多いのです。

 

休日出勤をしている人が多い

上記に書いた労働時間のランキングでは22位となっていますが、実際に休日出勤を行っているのにも関わらず、会社としては休日出勤としてカウントされていないケースも多いので、これらを労働時間に含めたらきっと22位ではないでしょうね。

 

家族や休暇よりも仕事を優先する人が多い

日本は比較的、家族とのコミュニケーションがない国としても例を挙げられることもあります。真面目で仕事熱心なので、家族よりも仕事を優先してしまう方が多いのです。「家族と過ごす」というイメージも少なく、家事を奥さんに任せきりという日本人の方も多いですよね。

またそれだけでなくせっかく家族と過ごせる休日であるにも関わらず休日出勤が多いのも1つの理由かもしれません。もちろん長時間労働をしているのは日本だけではありません。上記にも書いたように日本よりも多くの国が長時間労働をしています。ですが日本という国のイメージからすると海外の人から驚かれることが多々あるのです。

 

 

日本という国のイメージとは?

日本 イメージ

海外から見れば「日本は素晴らしい!」「日本のおもてなし文化最高!」など、「日本から来ました」というだけで多くの外国人の方とは「日本は一度は行ってみたい国」もしくは「行ったことがある!非常に素晴らしい国!」などお褒めのお言葉ももらい、話が盛り上がったことはあるのではないでしょうか。

特に日本の車は世界からも壊れにくいということから人気で中古を輸入している国も多々あります。こういった日本のメーカー(車、電化製品)、食べ物、文化などなど他の国と比べても劣っているところはあまりありません。

ですが、このように人気な日本とは裏腹に先進国である日本の労働環境が問題になっています。

長時間労働は日本の文化のせい?

日本 文化 働く

上記に挙げたメリット・デメリットは海外で見られることのない風習、つまり日本の文化なのです。

年配を敬うという独特の日本文化では、自分が仕事が終わっても家に帰ることが出来ないのです。
つまり上司が会社に残っている限りは上司より先に言えに帰ってはいけないという暗黙の了解が存在しています。

 

海外では日本の文化は仕事ができないと思われる

やはり日本人は残業をたくさんして勤勉だと言われることもありますが、海外の方からすると残業をする=仕事の効率が悪いと思われます。

実際にこのように働ぎ過ぎて自殺や過労死してしまうといったケースは過去に何度もありましたし、過労死や過労自殺の労災認定の人数は横ばいが続いています。右下がりになるのはいつになるのでしょうか・・

なぜ日本の労働環境が良くならないのか?

日本 労働環境

日本以外の先進国は様々な規制や施策により労働時間を減らしてきました。日本でも労働時間短縮施策も行われましたが、その効果は今の所ほとんどありません。なぜ日本では残業文化がこれほど長く続いてきているのか、それには2つの大きな問題があるのです。

 

時間の無制限

まず1つの問題点は「時間の無制限」です。法定労働時間は1日8時間、週に40時間と定められているのですが、労働基準法第36条により書面による協定を結び、法定時間外労働と休日労働は認められるのです。

しかも、繁忙期などには「特別条項付の36協定届」を行政官庁に届ければ、残業時間の基準を超えて働かせられる。つまり労働基準法で定められているのにも関わらず日本では「骨抜き」が存在しているのです。

 

仕事の無制限

海外では「ジョブ型」という雇用システムがあります。これは働き始め、雇用者と契約を結ぶ際にどの仕事をするか明確に仕事の範囲が決められた上で自分の仕事だけをし、自分の仕事のタスクを達成することです。

 

みんなの仕事を皆でこなす文化

ですが、日本では企業側が人材となる人をまず採用してから仕事が割り振られるのです。そうすることにより、「自分の仕事」ではなく「みんなの仕事をみんなでこなす」という形になるのです。上司から自分に与えられた仕事が終わってもみんなが終わっていなければ帰りにくいもしくは手伝わなければいけないという気持ちになってしまうのです。

これら2つの問題点が積み重なり、日本の職場は居心地が悪いやストレスを抱えてしまうなど負の連鎖が続いてしまうのが日本の職場の特徴なのです。

最後に

日本では働き方の改革が行われていますが、まだまだ日本全国で浸透していないのも事実です。労働時間の調査結果以上に日本は長時間労働をしているように見えますよね。日本には「働かざる者食うべからず」ということわざがあるようにまさにその通りですが、自分の人生は自分のものです。

アメリカで日本人として仕事をする方法する方法もありますし日本で就職するも自分次第です!最終結論、日本で働くことのメリットもあればデメリットもある、それはどこの国にいても同じですよね。海外では、いかに自分の仕事を早く終わらせて定時にしっかり帰る!という気さくなところをグローバル化が進んでいる日本も少しは学んだ方がいいかもしれません。