hack 意味

Hackと聞くと、コンピューターのハッキングのようなイメージを抱く方が多いと思います。

しかし、最近ではこのような使い方に加え、Lifehack(ライフハック)のように使われることが増えてきました。Lifehackだけではなく、Starbucks life hackのように自分で言葉を作るアメリカ人も少なくありません。

この記事では、Hack(ハック)の使い方や意味を詳しく解説します。

 

記事の信頼性ですが、例文、解説ともに全てアメリカ人に聞いたので間違いはないと思います。

 

 

Hackの意味

Hack 意味

「Hack」は、コンピューターがハッキングされて、アカウントが乗っ取られたり、パスワードが流出する時によく使われます。最近ではSNSが乗っ取られたり、仮想通貨の銀行が乗っ取られたりと、ハッキングされることが増えてきているので、Hackという単語はよく見かけるようになりました。

乗っ取られるという表現が多いので基本的に、「be hacked」の形で使われることが多いです。

Hackの具体的な使い方

それではHackの使い方を見てみましょう。

例文はわかりやすいようにできるだけ短文にしています。

 

パスワードが乗っ取られる時

Hack 例

Don’t make the password simple. People could easily hack your account.

(パスワードは簡単にしないで。簡単にハッキングされるよ。)

 

仮想通貨の銀行がハッキングされた時

who 数値

A Japanese cryptocurrency exchange was hacked, causing the loss of 3.5 billion yen, or $32 million, worth of virtual money.

(日本の仮想通貨がハッキングされ、35億円(3200万ドル)の仮想通貨が失われた。)

 

友達のFacebookがハッキングされた時

Hack 例

On Facebook, my friend asked me to buy multiple gift cards, and then posted some weird pictures.

(フェイスブックで友達が複数のギフトカードを買うように言ってきて、さらに変な写真を投稿してた。)

It seems like his account was hacked.

(彼のアカウントはハッキングされているようだ。)

 

Lifehackの使い方

lifehack ライフハック

最近では、Hack(ハック)の他の使い方として、「〜hack」と使われることが少なくありません。

その代表格が「lifehack(ライフハック)」。意味は、一言で言うと、「生活の知恵」。「頭を使って、何かを効率的に行ったりする際に使われる」言葉です。具体的な言葉でいうと、節約術のような言葉がよく日本では使われています。

例えば、日中電気をあまり使わずに、深夜電気を効率的に使うことで、電気代を節約する際などに、「お金を節約するLifehack」として使われます。Lifehackだけでなく、Starbucksでお金を節約する時などには、Starbucks life hackのような使われ方もします。

Lifehackの具体的な使い方

それではHackの使い方を見てみましょう。

例文はわかりやすいようにできるだけ短文にしています。

 

Starbucksでお金を節約する時

lifehack 例

Ordering a $3.00 iced coffee with milk instead of a $5.00 iced latte is one Starbucks life hack to save money.

(5ドルのアイスラテの代わりに3ドルのアイスコヒーにミルクを付けるのはスターバックスの1つの節約術だ。)

 

電気代を節約する時

lifehack 例

Don’t waste the electricity. Lowering the brightness on your tv and computer screen is are money saving life hacks.

(電気を無駄にしないで。テレビとパソコンの画面の明るさを暗くするのは節約術だよ。)

 

Youtubeで節約術が配信されている時

lifehack 例

You should watch his YouTube channel.

(彼のYoutubeチャンネルを見るべきだよ。)

He shows us some quick and easy life hacks that are easy to do, cheap, and time saving.

(彼は誰でも簡単にできる、安くてお金の節約できるコスパの良い節約術を発信してる。)

 

 

Hackの名詞「Hacker」使い方

HackはHacker(ハッカー)という形でもよく使われます。

これは日本語でもよく使われるので馴染みが深いと思います。

それでは例文で使い方を確認しましょう。

 

hacker 例

Computer hackers can easily break into your computer and steal and destroy your information.

(コンピューターのハッカーはパソコンに容易に侵入して情報を破壊することができる。)

 

hacker 例

She thinks that her boyfriend is cheating on her so she hired a professional hacker to check his phone.

(彼女は彼氏が浮気してると思っているから、彼の携帯をチェックするためにプロのハッカーを雇った。)

 

hacker 例

You should buy a security software to protect your information from hackers.

(ハッカーから情報を守るためにセキュリティーソフトを買うべきだよ。)

 

携帯の充電が早く切れる時

hacker 例

If your battery isn’t lasting very long, hackers might be doing something in the background, which takes up energy.

(もし携帯のバッテリーが長く持たないなら、ハッカーが裏で何かやってて、エネルギーを食ってるかもしれない。)

 

 

Hackの他の使い方

hacker 例

Hackは元々、「ぶった切る」と言う意味を持っていますが、このような意味で使われることはほとんどありません。アメリカ人ネイティブに聞いたところそのような使い方は役に立たないから覚えなくて良いと言っていました。

また「Hack it」で、「うまくやっていく」という使い方があると解説しているサイトもありますが、アメリカ人曰く、このような使い方で使われることはほぼないとのことなので覚えなくて大丈夫です。

Hackの意味は、①ハッカーと②ライフハックだけで十分です。

まとめ

Hackの使い方は少しは理解できましたか?

馴染みの深いhackerの使い方もですが、Lifehackの使い方を例文を通して覚えましょう。結構使いますよ。