Fx 初心者 やり方

FXの初心者がいきなりチャートを目にして、「はい、トレードをして下さい」と言われても、どこでエントリーしたらよいのか全く分からないと思います。私も初心者の頃全くトレードのやり方が分からず、適当にトレードしていました。

 

トレードの練習を繰り返してやることが大事ですが、自分に何の武器もなく、ただ闇雲にトレードするのは、時間と労力とお金の無駄になるだけです。この記事では初心者でも取り組みやすいトレードのやり方を解説しています。初心者専用のやり方と言うわけではなく、このやり方は上級者でも使用しているやり方なのでぜひ覚えておいてください。

相場の分類を学ぼう

まず、最初からやり方と言っても必要な基礎知識は覚えておきましょう。まず相場は大きく分けて2種類あります。1つはトレンド相場、もう1つはレンジ相場といいます。この2つがどのような相場なのかということを次で解説します。

 

①トレンド相場とは

トレンド相場とは文字通り、一方方向にトレンドが発生している相場と言うことです。相場はずっと同じ方向に動くものではなく、上げ下げを繰り返して動いていくものです。下の写真のような上げ下げを繰り返し、上方向もしくは下方向に向かって言っている相場のことをトレンド相場といいます。また上方向に向かっている相場を上昇トレンド、下方向に向かっている側を下降トレンドといいます。

上昇トレンド

下降トレンド

 

②レンジ相場とは

レンジ相場とは、上方向にも下方向にもどちらにも行こうとしていない側のことをいいます。上げ下げを繰り返すだけで一定方向に進んでいない側のことです。下の写真のように、トレンド相場と違って、安値が切り上がってもなければ、高値が切り下がってもいません。

レンジ相場

初心者でもできるトレードのやり方

 

①トレンド相場専用のトレードのやり方

相場がトレンド相場の時に用いるやり方が「押し目買い、戻り売り」と言うやり方です。上昇トレンドの時は「押し目買い」、下降トレンドの時は「戻り売り」を用います。やり方は簡単です。上方向に進むチャートが、下方向に戻ってきて、再度上方向に進み出す時に買いの注文を入れるのです。逆も然りです。この方法の素晴らしいところは、初心者でも損切りポイントがはっきりとわかることです。

図を見てください。

トレンド相場 やり方

左図が上昇トレンド、右の図が下降トレンドになります。上昇トレンドを例に説明します。上昇トレンドのエントリーポイントは、前の上昇が終わって、少し押し目をつけて、再度上昇するところですから、もしその押し目より下に下降してきたのであれば、上昇トレンドそのものが崩れてしまうので、損切りしなければなりません。

下降トレンドの時も同様です。

利益確定ポイントは、これは人によって様々です。前回の高値までで利確する人もいれば、上昇トレンドが終わるまで保留する人もいますので、こちらは自分に合う方を使っていけば良いと思います。

 

②レンジ相場専用のトレードのやり方

レンジ相場で用いるやり方は、「サポート、レジスタンス」です。???って感じだと思います。笑

要はレンジ相場がどこで推移しているのか、上値の線と下値の線を引いて、上値付近で売り、下値付近で買いのエントリーをするということです。

このやり方は「押し目買い、戻り売り」よりは少しレベルが高いと思います。なぜならサポート、レジスタンスは自分で引かなければならないからです。相場には、価格がよく止められたり、跳ね返されたりするポイントがあります。サポート、レジスタンスとはこの価格のことです。下の図を見てください。

レンジ相場 やり方

上昇していたのにいつもこの価格で跳ね返って来るなぁってポイントがレジスタンス、反対がサポートになります。このやり方も、損切りポイントが分かりやすいと思います。サポート線、レジスタンス線を抜けてしまった時は、その時はもうレンジ相場という前提が否定されたことになるので、損切りしなければなりません。

利益確定ポイントですが、こちらも人それぞれで、レンジ相場の真ん中あたりまでで1度利益確定する人もいれば、サポートで買いエントリーしたのであれば、レジスタンスまで保留する人もいます。

こちらも自分に合う方で大丈夫だと思います。

 

 

※レンジ相場での注意点

図のようなきれいなレンジ相場だと、エントリーするのはかなり簡単だと思います。しかし、相場とは世界中の人たちか作っているものなので、そんなに簡単ではありません。

下の写真のようなサポートもレジスタンスも引けない複雑なレンジ相場もあります。

複雑なレンジ相場

重要なのはチャンスをしっかりと待つということです。これはトレンド相場にも言えることなのですが、初心者の人で多いのはむやみやたらにポジションを持ってしまうことです。エントリーした時点で、自分のお金を相場にさらしているということを忘れないでください。勝率の高いポイントだけを待ってエントリーできる人が勝つトレーダーになります。チャンスはいずれやってきますので、むやみにエントリーせず、自分の持っている武器で戦えるところだけを狙っていきましょう。

重要なのはトレンドとレンジの仕分け

この記事を、読むと今すぐにでもトレードで勝てると思ってしまいそうですが、1番難しいのは今の相場が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、レンジ相場なのかを判断することです。例えば、5分足で見ると下降トレンドに見えるが、1時間足で見ると上昇トレンドに見える場合にあなたはどうしますか。

さらに上級者になると、チャートだけでなく、各国の経済状況も考慮して、トレンドを判断するようになります。今のトレンドがどちらに向いているのかというのは、上級者でも迷ってしまう問題です。情報が多くなればなるほど難しいからです。なので、今回紹介したやり方は初心者向けで、無駄な情報を入れず、一つの時間足を目安にエントリーするときに使用できるものだと思います。

 

 

まずはチャートに慣れよう

チャートを読むということは、トレーダーにとっては、絶対に必要な能力です。今回紹介したやり方は、上級者であれば、全員マスターしているといっても過言ではないくらい重要な内容です。トレンド相場なのかレンジ相場なのか、チャートを何回も見て、トレーニングするようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。初心者の人はまず、チャートに慣れて、そのチャートを用いて使えるやり方が一番取っつきやすいと思います。チャートを分析して相場を読む方法をテクニカル分析といいますが、ステップとしてはテクニカル分析をマスターして、経済状況などを分析するファンダメンタル分析を学んでいくのが一般的だと思いますので、今回のやり方、その第一歩としてやりやすいものではないでしょうか。まず、テクニカル分析をマスターするために、自分の使いやすいツールを探すことをお勧めします。

国内のFX会社では、会社によって提供しているツールが異なります。国内のFX会社を比較して、使いやすいツールを提供しているところをピックアップした記事がこちらになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ご精読ありがとうございました。