社会人 勉強

社会人になって勉強したことで人生が変わりつつあります。

僕は今アメリカに移住していますが、

元々は日本の大学を卒業し、日本の企業に就職していて、ごく普通の社会人でした。

社会人になってからの勉強で得たものを公開します。

 

英語:アメリカで問題なく働ける英語力

Twitter:6千フォロワー達成

ブログ:累計100万円以上達成

ビジネス:アメリカでエンジニアと起業

人脈:友達のほとんどがCEO

 

まだまだちっぽけな数字ですが、

Better Than Nothing(無いよりマシ)」って感じです。

 

この中でもやはり海外に選択肢を持つことができたのがかなり大きいです。

少し人生の可能性が増えた気がします。

 

この記事ではなぜ社会人になってから勉強すべきなのか解説します。

 

 

社会人の勉強不足を知る

社会人 勉強不足

先進国の中で日本の社会人は勉強時間が少ないことで有名です。

先進国の中では日本の社会人は勉強時間が少ないことで有名です。

日本にいたらあまり実感が湧きませんよね。僕はアメリカにいますが、昇進のために会社が終わって勉強するアメリカ人や休日に勉強するアメリカ人は少なくありません。

日本の社会人の1日の平均勉強時間はたった6分です。

 

終身雇用の崩壊

日本も昔のように会社が定年まで雇ってくれる時代に終わりを告げているので将来のために勉強を始めた方が得策です。

この前も富士通の大量リストラや東京三菱UFJ銀行の人員削減のニュースがありましたよね。

 

あのトヨタですら終身雇用を辞めると言っています。この流れはこれからも加速していくと思います。もう会社に一生養ってもらえることはかなりレアなケースになっていくでしょう。

社会人のうちに勉強を始めることで選択肢を増やしましょう。会社以外で生計を立てることができないと終身雇用が崩壊した今かなりリスクになります。勉強すると人生がイージーになる可能性が高いです。

 

 

どうやって社会人として時間を作り出すか?

社会人 時間 作る

日本の社会人はなかなか日々の生活の中で時間を作り出すことが難しいでしょう。

 

僕が社会人の時に実践したことは以下の通りです。

・会社の飲み会に絶対に参加しない

・定時に帰宅できるように業務を効率化

・朝や夕方、電車の中で勉強する

・休日のどちらかは勉強時間に充てる

 

新入社員ながら会社の飲み会はかなり断っていました。「今年の新人は使えない」「勉強?そんなのしても何も変わんないよ」など上司から文句を言われたことも結構ありましたが、フルシカトです。

僕のゴールは「上司の機嫌取り」ではなかったので、無駄な時間を徹底的に削減し、勉強時間に充てました。そうすることで、友達との時間も作りながら、自分に投資する時間を作り出すことができました。

できるだけ身の周りの固定費を削減し、知識や自分に投資して収入を増やすのが今後の生き方としてより現実的かなと思います。

社会人の勉強は独学でOK

社会人 独学 勉強

勉強って学校とかに通ったほうがいいの?と疑問に思う方が多いと思いますが、

結論から言うと独学で大丈夫です。独学で大抵のことは勉強できます。

 

独学で学べる環境がたくさんある

英語も独学で話せるようになりましたし、SEOもほぼ独学で勉強してます。最近ではプログラミングの勉強を独学で始めました。

Udemyで海外名門大学の授業を$10とかで受けることができるので僕はよく活用していました。

勉強といっても歴史や文学を勉強したって人生がイージーモードになるのはかなり厳しいです。収益につながる勉強がオススメです。

社会人の空き時間に英語を勉強する

社会人 英語 勉強

社会人の勉強の選択肢の一つとして「英語」をオススメします。

僕は英語ができるようになってから、人生がかなり良い方向に変わりました。今でこそアメリカ企業で働けるようになりましたが、日本で社会人だった頃は、全く英語が話せませんでした。

日本にいる時は留学経験もなく、英語力もゼロでしたが、社会人の時の勉強でTOEICも初受験で860点を取得することができました。

 

英語ができると選択肢がかなり広がる

英語ができると日本で良い仕事が取れるようになるだけでなく海外移住の選択肢が出てきたり、最先端の情報を取得することができるので人生イージー化しやすくなります。

英語は僕の経験上、適切に努力をすれば半年から1年ぐらいである程度話せるようにはなります。ソースは僕です。

TOEICも900点ぐらいは努力で十分に届く点数だと思います。

社会人の本当に全く英語を話せなかったですが、勤務後、休日の英会話で日本人からするとペラペラに思われるぐらいの英語力にはなりました。

英語勉強方法まとめ【半年でペラペラになりました】

社会人の隙間時間にブログを書く

社会人 ブログ

ブログは社会人にとって、良いスタート場所かもしれません。

自分の趣味や仕事で学んだこと、勉強で学んだことを発信することができます。ブログの良いところは収益化ができるので月5万円とか稼げたりします。GoogleやYahooなどで検索された時に上に表示されるためにSEOを勉強する必要があり知識が身につくので転職の時に有利になることもあります。

何かを勉強してそれをブログとTwitterでアウトプットしてお金を稼ぐ。そのお金をまた知識に投資してそれを発信する。これを続けることによって収入を生むことができ、また同時に勉強することができます。

WordPressでブログを始める方法

プログラミングを勉強する

社会人 プログラミング

プログラミラングを勉強するのも悪くないと思います。プログラミングを勉強することで海外で高い給料を獲得することができます。アメリカでソフトウェアのエンジニアになることができれば年収1000万円獲得することも難しくはありません。

日本で年収1000万円は20代や30代では無理ゲーですが、アメリカでは20代でも1000万円は十分可能です。プログラミングができると海外で仕事ができるようになったり、フリーランスとして働くことができるのでオススメです。

 

プログラミングはProgateで

プログラミングは独学厳しいんじゃないか?と思う方も少なくないでしょう。僕もそうでした。

プログラミングはProgateというサイトで勉強を始めるのがオススメです。このサイトでは初心者でもかなりわかりやすくプログラミングが学べるように教材が用意されています。

たった月1,000円で、無制限に勉強することができます。(HTMLとCSSから勉強するのがオススメです。)

Progateで基礎を学んだ後、実践しながら、Udemyなどで好きなコースを取れば大丈夫です。

社会人の勉強でやる気を出すには?

社会人 勉強 やる気

「毎日忙しく、朝から満員電車に乗って夕方は接待がある」

 

このような社会人が多いと思います。

私もそうでした。

 

私も東京にいるときは、

「満員電車に乗って会社に行き、残業をして、上司と飲み会に行き、帰宅する」

このような毎日を過ごしていました。

仕事から帰ってきても、疲れ果てていて、勉強するやる気も起きませんでしたね。

 

お金を稼ぐ=モチベーション

休日も勉強するモチベーションが上がらなかったのを覚えています。社会人の勉強でやる気を出すのはやはりお金を稼ぐことだと思うので、副業を始めることをオススメします。

 

仕事はココナラやクラウドワークスで探すのがオススメ

ブログなどをいきなり始めなくても記事を書いてすぐお金にする方法はあります。例えば、ココナラクラウドワークスタイムチケットを活用すれば、自分の得意な分野でお金を稼ぐことができるでしょう。

勉強して、会社の給料以外でお金を稼ぐことができるようになることで人生に選択肢が増えます。社会人の間でも勉強してスキルを身につけることでお金を稼ぐことは十分可能です。

また 海外に選択肢を持つことでも人生が楽になります。

僕は社会人の間に英語を勉強し、アメリカに来れたことで人生が少し楽になったと感じます。

 

 

まとめ

社会人の間に勉強するのはモチベも上がらないと思います。でも行動しない限り、何も自分には降ってきません。待ちの姿勢で自分の人生が豊かになることはまずないでしょう。行動することでチャンスを掴めるようになるかもしれません。

勉強して稼ぐのは簡単ではないですが、行動あるのみです。ほとんどの人がすぐ脱落するので継続している人のみが成功を手にすることができる世の中になっています。