近年GoogleのアップデートにおいてコンテンツSEOは集客するにあたって必要不可欠な要素になりました。コンテンツSEOなしで今後のSEOでは生き残ることは不可欠になっていくことでしょう。

 

残りの記事では、アメリカの大学で学んだ知識を元に、具体的にコンテンツSEOにはどのような要素が含まれているか解説しています。

コンテンツSEOとは?

ウェブサイトの中にユーザーに役に立つようなコンテンツを入れることにより、サイトへの集客を稼ぐ方法のことを指します。良質なSEOコンテンツはユーザー、検索エンジンの両方にとって有益であり、SEOのランキングを大きく改善する要因の一つとしても有名です。近年、Googleはオリジナル性があり、かつユーザーにとって有益な情報を含むSEOコンテンツに高く評価する傾向にあります。

 

Content is Kingと呼ばれる時代

昔はブラックハットSEOというGoogleを騙すやり方が主流でコンテンツなど完全無視の時代でした。(昔は何かググっても、低質なページが上位を独占していたと思います。)しかし、Googleのアップデートによってそのようなやり方が全て淘汰されました。そして良質なSEOコンテンツを定期的にブログに投稿するホワイトハットSEOの時代へと変わっていきました。

 

なぜコンテンツSEOが重要なのか?

コンテンツSEOが重要なのはGoogleの方針に沿っているからです。Googleはユーザーの探している情報を提供するのが仕事です。したがって、低質なユーザーの役に立たないようなページをできるだけ表示したくないわけです。ユーザーの役に立つようなコンテンツを配信している限り、淘汰されることはないですし、長い目で見てかなりプラスに働きます。(ブラックハットSEOを使っているウェブサイトは時代とともに淘汰されていく。)

①オリジナル性

オリジナルなコンテンツを持つことは、良質なコンテンツには不可欠です。近年ネットにはありとあらゆる情報が蔓延しているので、ユーザーはユニークでかつ専門性のある情報に対して興味を持つようになってきています。

オリジナルなコンテンツは、他のウェブサイトのコンテンツにはない情報や価値を持っているので、ユーザーが価値を見出し、高い評価を下す傾向にあります。また、近年グーグルは検索結果の同じページに対して、同じような情報を表示しないようなアルゴリズムを加えています。

 

Googleで同じコンテンツが出てきたら・・?

例えば、グーグルで検索する時を思い浮かべてみてください。何か検索した時に同じような情報ばっかり出てきたら嫌ですよね?もしグーグルがそれを許容してしまうと、グーグル検索でのユーザー体験が損なわれてしまい、グーグル自体の評価が下がってしまいます。

つまり、オリジナルなコンテンツの生成は、検索ランキングで上位に表示されるためには必要不可欠です。オリジナルではないコンテンツを生成しても、検索結果においてトップランキング入りすることはほぼなく、場合によってはグーグルから罰せられてしまうこともあります。

 

オリジナルコンテンツは意見や自分の視点が◎

そのようなオリジナル性が欠けたコンテンツは被リンクを受けることも、ソーシャルメディアでシェアされることもないので、SEO的に全く良い結果を生み出しません。自分のオススメや意見をブログの中に含めることをオススメします。特に自分の経験に基づいたものは自分にしかないオリジナル性があるので、記事のオリジナル性が上がります。

②自然な文章

SEOを改善し、検索順位を上げようと考えた時、多くの人は「キーワード対策」がまず頭に浮かぶかもしれません。SEOを少しかじった人なら、キーワードや関連用語をコンテンツの中にできるだけ多く無理やり組み込もうとするかもしれません。

しかし、このような行為は検索順位を下げる原因になります。実際、経験したことがある人はわかるかもしれませんが、キーワードを記事に多く詰め込む込む行為は簡単ではありません。文法がおかしくなったり、同じようなフレーズばかりで、読み手にとって不自然な文章になることがあります。

 

 

また、同じようなフレーズを何回も繰り返すと、読者に対して価値を提供しないコンテンツになってしまいます。キーワードを文章に含めるというのは、キーワードを強制的に文章に入れ込むことではありません。キーワードを詰め込んだコンテンツはグーグルからすぐに発見され、最悪の場合、罰則を受けることもあります。

グーグルは同意語を認識する能力があるので、記事内で設定したキーワードを何度も使う必要は全くありません。コンテンツ内で、できるだけ同じ言葉の使用を避け、自然な文章を書くことを心がけましょう。

③キャッチーなタイトル

タイトルはコンテンツにおいて一番重要であると言っても過言ではありません。統計によると、約8割のユーザーがタイトルを読み、残りの約2割がタイトル以下の文章を読み始めるそうです。以下の図を見てください。

タイトルが重要であることを示すグラフ

見てわかる通り、100人のうち、80人はタイトルを読みますが、その80人のうち、約8割は記事を読みません。言い換えると、ほとんどのユーザーはタイトルを見ても、文章を読みたいとは思っていないということですよね?

これは、ほとんどのタイトルが全く魅力的ではないことを示唆しています。つまり競合を倒せるチャンスが十分にあるということです。タイトルをつける時は、検索エンジンを意識して、自分の設定したキーワードを含めつつユーザーに読みたいと思わせなければいけません。

 

具体的にどのようなタイトルにすればいいのか?

見出しの長さやどのような単語を含めると良いかを検討し、なるべくユーザーの興味をそそるようなキャッチーなタイトルを作成しましょう。大事なので、もう1回言いますが、ユーザーはタイトルを見て、その記事を読むかどうか決めています。

④画像や動画を入れる

画像、ビデオ、ダウンロード資料などをコンテンツに入れることは非常に効果的です。まず最初は、ペルソナを作ってユーザー目線に立ち、どのような情報をそのコンテンツに求めているかを考えましょう。

その情報を提供する際、画像や動画を入れることによって、ユーザーがコンテンツをより容易に理解できる場合、ユーザーへの価値が向上し、SEO向上につながります。

 

画像やグラフ、統計はオススメ

画像やグラフは特におすすめで、文字や数字で理解できなくても、ビジュアルを用いることによって、理解力が深まることがよくあります。また画像はユーザーを飽きさせないためにも入れることをオススメします。文字が永遠と続く文章を読むのはさすがに嫌ですよね?画像を入れることでユーザーは読み疲れにくい傾向があります。

したがって私のオススメは2~3分の動画を入れることです。2~3分なら読み手に苦痛を与えないですし、見てもらいやすくなります。特に若いユーザーは動画をよく見る傾向にあるので、彼らをターゲットにしているならオススメです。

⑤ユーザーへの価値

コンテンツは必ずユーザーに対して何らかの価値を提供する必要があります。つまりユーザーの探している情報を提供するページを作ることが必要不可欠です。それを行うには、まずユーザー目線でコンテンツを考えることが重要です。

ペルソナ

そのためにはペルソナを作ることをおすすめします。自分で理想のユーザーを作り、そのペルソナに対してコンテンツを生成する方法です。ペルソナの持つ疑問や問題点を考え、それに答える形のコンテンツを作り上げましょう。どのような記事でペルソナの悩みを解決できるかを念頭に置くことは極めて重要です。(ペルソナについてはこちらの記事を参照)

⑥コンテンツの信頼性

信頼できるコンテンツは言うまでもなく重要です。誰も間違った情報を得るためにあなたのウェブサイトに来ていません。コンテンツが正確な情報であるがゆえ、ユーザーはあなたを信用してウェブサイトから情報を得てます。

信頼度を得るために、自分の経歴や経験を記事に盛り込むのがオススメです。経験した人しかわからないようなコンテンツは高い信頼性があります。また正確なリンクを貼ることも極めて重要です。リンクは読者だけでなく、検索エンジンにも読まれることを忘れないでください。

 

 

検索エンジンは、リンクをたどることによって、あなたのウェブサイトをカテゴリーに分類しています。コンテンツに合った適切なリンクを貼ることで、検索エンジンに対して自分のカテゴリーを伝え、信頼性を獲得することができます。

⑦エンゲージメント

コメント欄にもしコメントがあれば、かならず返信するようにしましょう。例えば、読者がコンテンツに関して疑問に思うことがあるかもしれません。そのような時、コメント欄はユーザーの疑問を解決できる良い場所になります。

つまり、コメント欄は読者とコンテンツ提供者が唯一ウェブサイト上で、コミュニケーションをとることができる場所を意味します。コメントを無視する行為は、コンテンツ提供者からユーザーへの一方通行のコミュニケーションを意味し、もはやそれを、コミュニケーションと呼ぶことはできません。

seo コメント

また、コンテンツにコメントが頻繁に集まるようになると、次第に検索エンジンからも高い評価を受けるようになります。コメントが多くなってくると、コンテンツのクオリティーが高く、頻繁に更新されていると検索エンジンが判断するようになるので、ロボットのクロール機会が増えるようになります。

結論

良質なコンテンツを書くことは決して簡単ではありません。特に自分が興味のない分野や詳しくない分野についてコンテンツを作成することは、かなりハードルが上がります。

コンテンツ作りは絶対に妥協しないでください。妥協してしまうとサイトの足を引っ張ることになり、ただの時間の無駄になってしまいます。特に初心者であれば、自分の詳しい分野についての記事を書くことをオススメします。例えば、僕が韓国語に関する記事を書けと言われても、クオリティーの高いコンテンツを書くことはなかなか厳しいです。

 

しかし、自分の詳しい分野なら、誰にも負けないクオリティーのコンテンツを持てる可能性が高くなります。一度コンテンツを作ってしまうと、それは一生ネットに残り続けます。

その数が多ければ多いほどあらゆるところから、自分のウェブサイトへの全体アクセスを増やすことができるようになり、日に日にアクセス数は伸び続けていきます。クオリティーの高い記事を量産してブログを強化していきましょう。(2019年版のSEO対策についてまとめたのでこちらの記事を参照ください。)