カリフォルニア 運転免許

カリフォルニアで運転免許を取得するのは外国人にとって簡単なことではありません。

筆記試験を受けるための書類審査に受かるために必要な書類を取得することも難しく、また実際の実技試験にも自分の車を持っていかなければいけないなどカリフォルニアに来たばかりの留学生にはかなり

“ハードルが高い”

です。

この記事ではどうやってカリフォルニアの運転免許が取れるかについて解説します。

カリフォルニアでは国際免許は使えない

国際免許使えない

カリフォルニア州では国際免許が

“10日間で無効”

(居住者のみ)になります。観光ビザでカリフォルニア旅行者は、国際免許を使うことができます。しかし、学生ビザや専門学校ビザでカリフォルニアに来ている方はカリフォルニア州の免許を取得しなければいけません。

 

国際免許自体に効力はない

上で説明したようにアメリカに来る前にわざわざ国際免許を取得してカリフォルニアに来ても、残念ながら10日で使えなくなります。多くの学生がそれを知らずに国際免許を取得してカリフォルニアに来ています。カリフォルニアの運転免許発行期間DMVは国際免許をただの翻訳された書類であって、それ自体に効力はないと述べています。

 

 

カリフォルニアの運転免許は外国人に取得しづらい

外国人 免許 カリフォルニア

カリフォルニアの運転免許はアメリカに来たばかりの外国人にとってはかなり取得しづらい仕組みになっています。運転免許を取得するには大きく分けて2つのプロセスが必要です。

 

筆記試験には住所を示す2つの書類が必要

筆記試験を受けるためには現住所を示す2つの書類が必要です。留学生にとってはこの2つの種類を集めるのが特に大変です。学生の中にはアパートを又貸しで借りている人(ソーシャルセキュリティーがないからアパートを借りれない)や携帯電話を友達と協力してファミリープランで契約している学生が多く、自分の住所を証明するのがかなり難しいのが現状です。

 

実技試験には車を持ち込む必要がある

日本の教習テストと違って、アメリカでは試験を受けるためには自分で車を持ち込む必要があります。アメリカに来たばかりの留学生がどうやって車を調達することができるでしょうか?そのような留学生は基本的に同じ境遇の留学生と一緒にいるので、そのような状況下で、アメリカ人から車を借りることはかなり難しいです。

 

 

DMVでは予約するか長時間待つかの二択

DMV 長時間

カリフォルニア州のDMVはかなり混雑しています。予約しても2~3か月待たされることはザラにあります。しかも書類に不備がある場合や、持ち込んだ車が壊れていた場合などは、試験を受けることができないので、さらに2~3か月待たないといけません。

筆記試験に関しては予約しなくても、テストを受けることができますが、DMVの前に長蛇の列ができるほど人が並んでいます。長蛇の列を避けるためには朝早くDMVに行くことが必要になってきますが、朝はとても早いし、寒いのでおすすめしません。朝早くにいかなかった場合は4~5時間待たされることもあります。(私は経験しました)

筆記試験を受けるには複数の書類が必要

先ほど説明したようにDMVで運転免許を受けるためには複数の書類を用意する必要があります。留学生はアメリカ人より提出する書類が多くなるので注意が必要です。

 

DMVには提出しなければいけない書類がある

・パスポート

・I-94

・I-20 / DS-2019

・ソーシャルセキュリティーナンバー(J1ビザの生徒)

・現住所を示す2つの書類

アメリカと日本は交通ルールが違うので注意が必要

交通ルール 異なる

アメリカは右通行、左ハンドル、日本は左通行、右ハンドルです。運転する車線が異なるため、それに応じて交通ルールも全く異なるので注意が必要です。特にアメリカでは赤信号で右折できる、線路前で停止しなくていいなど日本人からするとビックリするようなルールがたくさんあります。

したがって、筆記試験を全く勉強せずに行っても合格する可能性はあまり高くありません。筆記試験に落ちても、またDMVで並ばないといけないので、余計な手間がかかるのでおすすめしません。

筆記試験では36問中30問を正解しないといけないので筆記試験に合格することはそんなに簡単とは言えないでしょう。3回筆記試験に落ちると、書類の審査からやり直しになるので、相当大変です。

車を持つ知り合いがいない留学生は基本的に筆記試験はUberなどを使って一人で受けに行くことになるので、それに伴う余計なコストがかかります。最寄りのDMVに行くとしても往復$30はかかると見ていた方がいいです。

 

 

実技試験も簡単ではない

カリフォルニア 免許 実技試験

留学生は自分の車を持ち込めない

先ほども述べたように実技試験には自分の車を持ち込まないといけないです。これはアメリカに来たばかりの留学生にはかなり辛いです。留学生はディラーから分割で車を買うことができないですし、一括で個人から買うか、ディラーから買うかしか選択がありません。アメリカでは信用のない人には基本的に月払い契約ができないので、留学生が自分の車をDMVの実技試験に持ち込むことはかなり難しいです。

 

他人に車を借りる

留学生の多くは他人に車を借りようとするでしょう。しかし、留学生の多くは同じ時期に来た留学生と友達である場合が多く、そのような友達は同じ問題を抱えているので、車をそもそも持っていません。車を外国人に貸してくれるようなアメリカ人の友達を作ることはかなり難しいと言えるでしょう。

 

実技試験も簡単ではない

DMVで運転免許を受けるには以下の書類が必要です。

・車の登録証

・車の保険証

・仮免許証

・付き添い人の運転免許証

運良く友達から車を借りれても実技試験に受かるのはそんなに簡単ではありません。先ほども述べたように日本とアメリカの交通ルールはかなり違うことに加え、普段運転していない他人の車を運転すると怖気づいてしまいます。

また実技試験は英語で行われるので、アメリカに来たばかりの留学生にとっては簡単ではありません。特に英語と思っていたカタカナは英語では通じないので、対策をしていく必要があります。

 

実技試験は場所や教官によって難易度が変わる

通行人が比較的多い場所、丘になっている場所、教官の厳しさによって実技試験の難易度は変わってきます。したがって試験に通りやすいDMVを選ぶことも重要になってきます。

 

実技試験の予約もかなり時間がかかる

筆記試験の時と同様に、実技試験の予約もかなり時間がかかります。場所によっては2~3か月待ちの場所も少なくはありません。一度実技試験に落ちてしまうと、また車を借りなければいけないですし、それに伴う練習も必要になってきます。日本の教習所みたいにたくさん練習してテストを受けるわけではなく、英語で受けなければいけないので多くの留学生が失敗しています。

 

車を貸してくれる友達がいない場合

車を貸してくれる友達がいない場合は、カリフォルニア州のドライバースクールに通うのも一つの手です。しかし、1回あたりのサービス(2時間)は約$140します。3回練習すると、約$420もかかってしまいます。さらにこのサービスはテスト当日は車を貸してくれないので、友達の車を借りるかレンタカーの車を借りるかの選択肢になってしまいます。

その際には$420払って練習していた車と違う車になり、テスト前のわずかな練習になるので、受かる可能性が高いとは言えません。

まとめ

カリフォルニア州で外国人として免許を取るまでのプロセスは難しいので、日本人の友達を頑張って探して車を貸してもらうように頼み込みましょう。それしか方法はないです。同じ車で練習し、同じ車で試験を受けるように気をつけてくださいね。