アメリカ 学生 起業

アメリカでは日本と違って起業する学生が少なくありません。

日本と比べて投資を受けやすかったり、優秀な学生が多く集まるアメリカでは非常に起業しやすい環境になっています。

この記事ではなぜアメリカのエリート学生の多くが起業を試みるかについて解説します。

 

 

1 リスクがゼロ

起業 リスク

アメリカでは日本と違って起業に対してお金が集まりやすい環境にあります。日本に比べてエンジェル投資家も多いですし、ベンチャーキャピタルも圧倒的に多いです。このような投資は返済義務がないため、一切のリスクを伴いません。

 

投資が集まりやすい

シリコンバレーを始めとするアメリカでは、起業によって一攫千金を狙う優秀な学生に投資が集まります。投資が失敗しても、「残念だったね」で終わるアメリカ。このように投資家は優秀な学生に対してはお金を惜しみません。もちろんアメリカで投資を受けるには有名大学を卒業していることや、Master DegreeやPhDを持っていることがある程度の条件にはなりますが。

 

 

2 法人登記が楽

日本と違ってアメリカは法人登記がより簡単でそれに伴うコストがあまりかかりません。アメリカの州によって法人登記の値段は異なりまますが、私の住んでいるカリフォルニア州では10万円もかかりません。したがって起業したければ、簡単に起業できてしまう環境がアメリカにはあります。アメリカではオンラインで時間をかけずに起業することが可能です。

 

学生でも法人登記は余裕

起業の手間が少なくなり、コストもかからないのであれば学生だってすぐに起業します。日本よりも学生の起業によるハードルは圧倒的に低いと言えるでしょう。私の知っている限りでは学生の起業はそこまで珍しいものでもありません。

3 先人が起業で成功してきた

起業 アメリカ facebook

GAFA(Google, Amazon, Facebook, Apple)を始めとしてアメリカでは多くのスタートアップIT企業が大成功を収めてきました。起業の設立年数が浅い起業でも世界時価総額ランキングでトップに入り込む企業も数多く存在します。Facebookのマックザッカーバーグ氏や、Appleのスティーブジョブズ氏は在学中から起業しこれらの企業を創設してきました。

 

世界を変えるという意思を持つ学生たち

アメリカではこのように学生が企業し、その後大成した先人が数多く存在するため、その後を追うように優秀な学生は自ら起業して世界に役に立つものを作ろうという意識を持っています。

 

 

4 アメリカの大学にはエリート学生が多く集まる

世界大学ランキングのトップ校をほとんどアメリカの大学が占めるように、アメリカには世界中からかなり優秀な生徒が名門校に集まります。特にシリコンバレーにあるスタンフォード大学や、UCバークレー校では起業精神を持ったエリート学生が多くいるので、優秀な人材との人脈を作りやすい環境にあります。

 

社会人も大学で勉強

またアメリカの大学は日本と違って一度社会人になってからもう一度学び直しとして大学や大学院に入り直す学生も少なくはないので生徒の質は高いです。それらの優秀な学生らが集まることによって、エンジェル投資家やVCから投資を受け、一つのスタートアップ企業が出来上がります。

5 ソフトウェアエンジニアが多い

アメリカ 起業 ソフトウェア

アメリカの多くのIT企業はソフトウェアによって大きな成功を収めてきました。アメリカの大学の多くにはコンピューターサイエンスの学部が入っているため、アメリカには多くのソフトウェアエンジニアがいます。アメリカにはMIT等コンピューターサイエンスの名門校が多く存在するため、世界中から優秀なソフトウェアエンジニアが多く集まります。

 

ソフトウェア開発はリスクが少ない

ソフトウェアの開発は固定費をほとんどかけないで良いため、起業の際のリスクが圧倒的に低いです。ソフトウェアを作ってそれをマーケティングするとう手法によって成功した起業家がアメリカにはたくさんいます。

 

 

6 新卒採用のないアメリカの就職活動

日本と異なってアメリカには新卒採用の文化がありません。日本の場合、新卒採用で採用されないとその後のキャリアにかなり傷がつき、企業就職することが難しくなりますが、アメリカにはそのような文化が存在していないので、卒業後起業というオプションを取る学生も少なくありません。

 

学生を終えそのまま起業へ

学生が終わり起業し、しばらく経って企業に就職するもしくは企業に就職しながら副業で自分のビジネスをやるという手法は珍しくはありません。コンピューターサイエンスを取っているエリート学生の多くはこのような選択肢を取っています。

7 副業が禁止されていない

アメリカ 副業

先ほども少し述べましたが、アメリカでは日本と違って副業を禁止されていません。したがって普段の仕事が終わった後に、起業するという社会人も稀ではありません。アフターワークで起業しつつ、上手くいったらそちらへフルコミットするようなことも可能なわけです。全くリスクのない環境で自分のビジネスをすることができる最適な環境が整っています。

 

ポートフォリオにもなる起業

また副業をしていた方が自分のポートフォリオができるため次に就職しやすいという利点もあるため、起業もそのための手段となっています。日本だと今の段階ではまだ副業に対してあまり積極的でない企業の数は少なくありませんよね。

8 起業後のキャリアが良い

新卒一括採用でそのまま終身雇用が普通の日本では、起業という選択肢を考える方はかなり少ないのが現状です。一度会社を辞めてしまうと転職で今より条件の良い会社に入ることが困難な環境ではなかなかリスクを取れる若者はいません。

 

キャリアアップにつながる起業

一方アメリカでは起業後に失敗し、一般企業に戻る際でもキャリアは良くなります。アメリカは「起業する=さまざまな経験をする」と捉えるので、たとえ失敗したとしても、履歴書の見栄えは良くなるのでその後の就職はかなり有利になります。GoogleやFacebook等のIT企業は起業経験のある方を積極的に採用するという方針すら抱えています。